猫兎ライフ

美味しい食べ物にうまい酒、面白い本に楽しいゲーム、それさえあれば幸せです。

村上春樹小説のテンプレート【読書感想文】『騎士団長殺し第1部・第2部』村上春樹/新潮社

   

 

f:id:catrabbitnekousagi:20170502162718j:plain

【紹介】

村上春樹さんの新作小説です。2017年2月25日発売です。

【感想】

よく言えば村上春樹さんらしい、悪く言えば真新しさのない小説でした。

詳しい内容はネタバレになるので避けますが、過去の作品とだいたい同じ流れのストーリーでした。

・比較的自由な立場の男が主人公(本作では妻と別居している男)

・登場人物は大抵不適切な男女関係をもっている(本作では不倫や托卵をしてる)

・主人公の射精が重要な意味を持っている(本作でも射精)

・主人公は不思議な体験をする(本作では顔ながの穴に入る)

・不思議な世界から無事に生還するが特に説明はなされない

・続きがありそうなふんわりとした終わり方

 

私は特別村上春樹の熱心なファンというわけではなく、「ノルウェイの森」「ねじまき鳥クロニクル」「1Q84」「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」「アンダーグラウンド」ぐらいしか読んだことはありません。それでも今回の騎士団長殺しには既視感を感じました。

決してつまらないわけではなく、面白くてスイスイ読めるのですが、真新しさは感じられない。そんな小説でした。

 

騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編

騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編

 

 

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編

 

 

(おわり)

 

   

普通の味【レビュー】『チョコパイ プレミアムチーズケーキ』ロッテ

   

 

f:id:catrabbitnekousagi:20170502161033j:plain

【紹介】

チョコパイのチーズケーキ味です。

【感想】

コンビニのレジ横にあったので、気になって買って食べました。味はいたって普通でした。チーズらしさが感じられないこともありませんが、意識しなければ普通のチョコパイとの違いは分かりません。

おいしいにはおいしいのですが。

 

 

(おわり)

 

   

ビブリア完結。みんなが羨ましい。【読書感想文】『ビブリア古書堂の事件手帳6・7巻』三上延/メディアワークス文庫

   

 

f:id:catrabbitnekousagi:20170502130036j:plain

【紹介】

古書にまつわる事件を書いた小説「ビブリア古書堂の事件手帳」シリーズが7巻で完結しました。

【感想】

7巻で完結したことを知って買った5・6・7巻は一気に読んでしまいました。6巻では解決したと思われた「晩年」が再び不気味な影を投げかけ、7巻では最大級の古書ウィリアム・シェイクスピアの「ファースト・フォリオ」が登場します。過去の人間関係が明かされ、最高レベルの古書の謎も解かれ、母娘の間も決着し、物語の盛り上がり・読了感共に最高の本でした。物語が終わってしまったのが少し寂しいです。

この話には色々な人物が登場します。古書を追って家族を捨ててしまった人から、身内にゆかりのある古書を求めるばかり暴力に走る人物まで様々です。もちろん犯罪を擁護することはできないのですが、それら熱狂的な人たちを羨ましく思います。それほどまでに熱中できる対象があることは素晴らしいことだと思います。

古書という文化に関しても、今後は廃れてしまうのではないかと思っています。昔は印刷技術が未熟で本自体が貴重だったため部数が少ないことや凝った装丁などによりプレミアがつきましたが、大量生産が可能となった現代の本にはもはや古書として価値はつかないのだろうと思います。ましてや電子書籍ともなれば、原本と全く同じものが全くの劣化なく、いくらでも複製可能です。

本編としては完結ですが、スピンオフ的な作品が出るらしいので今後も楽しみです。

 

ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)

ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)

 

 

 

(おわり)

 

   

猫が可愛くない漫画【読書感想文】『鴻池剛と猫のぽんたニャアアン!②』鴻池剛

   

 

f:id:catrabbitnekousagi:20170502113006j:plain

【紹介】

漫画家の鴻池剛さんが飼い猫を描いている漫画です。第2巻です。

【感想】

この漫画の猫は本当に可愛くありません。攻撃的で人に慣れず、何を考えているのか全くわかりません。なにより目つきが猟奇的です。

可愛いだけではない、猫の野生的な一面を伝えてくれるのがこの漫画の魅力です。

 

鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン! 2

鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン! 2

 

 

(おわり)

 

   

「クリア」か「消臭」か【レビュー】食洗機用洗剤『チャーミークリスタジェル』ライオン

   

 

f:id:catrabbitnekousagi:20170502111405j:plain

【紹介】

ジェルタイプの食器洗い機専用洗剤です。

【感想】

洗濯機に比べて食器洗い機の普及率は低いような気がしますが、食洗機は本当に便利ですよ。一度使ったら、もう2度と手洗いには戻れません。洗濯物を洗濯板と桶で洗っているようなものです。

食洗機の洗剤には大きく粉末とジェルの2種類があります。粉末は蓋を開けてスプーンですくったりと手間が多く、湿気らないようにと気を使うのでオススメできません。ジェルタイプが楽です。

Amazonで「食洗機洗剤」と検索してトップに出るのがこのチャーミークリスタジェルです。使いやすい容器で、大容量の詰め替えボトルもあるので経済的です。クリスタジェルには「クリア」と「消臭」の2種類があります。両方使った結果、私は消臭の方を愛用しています。

洗浄能力に大差はありませんが、匂いに関してはだいぶ違います。クリアジェルを使っていた時は匂いが発生することがあり、定期的に食洗機クリーナーを使っていました。ですが消臭タイプを使い始めてからは匂いが気になることはほぼありません。

値段も洗浄力も変わらないので、消臭ジェルがオススメです。

 

チャーミークリスタ 消臭ジェル 食洗機用洗剤 詰替大型 840g

チャーミークリスタ 消臭ジェル 食洗機用洗剤 詰替大型 840g

 

 

チャーミークリスタ クリアジェル 食洗機用洗剤 詰替大型 840g

チャーミークリスタ クリアジェル 食洗機用洗剤 詰替大型 840g

 

 

(おわり)

 

   

サイバーパンクの代名詞的作品【読書感想文】『ニューロマンサー』ウィリアム・ギブスン/早川書房

   

 

f:id:catrabbitnekousagi:20170421210121j:plain

【紹介】

1984年原作のサイバーパンクSF小説です。

【感想】 

攻殻機動隊やマトリックスの、「荒れた現実世界+きらびやかな電脳世界」という世界観はこの小説が元になっているのではないかと思います。

ハイテクと汚濁の都、千葉シティの空の下、コンピュータ・ネットワークの織りなす電脳空間を飛翔できた頃に思いを馳せ・・・(背表紙より)

防衛手段によってハッカーの脳が焼かれたり、電脳世界が非常に視覚的に表現されていたりします。

あと気になったのが素子(そし)という言葉です。電気回路などの構成要素を指す言葉で作中にもよく登場するのですが、これが草薙素子の名前の元ネタなのではないかと思いました。

 

ニューロマンサー (ハヤカワ文庫SF)

ニューロマンサー (ハヤカワ文庫SF)

 

 

(おわり)

 

   

久しぶりのビブリア【読書感想文】『ビブリア古書堂の事件手帳5』三上延/メディアワークス文庫

   

 

f:id:catrabbitnekousagi:20170420213414j:plain

【紹介】

本を題材にした事件を古書店の美人店主が解いていく内容の小説です。

【感想】

4巻を読んでからしばらく読んでいませんでした。本屋に寄ったときに7巻まで発売されていて完結していることを知ったので5〜7巻を買って読んでいます。2人の仲や母親との関係に進展もあり、どんどん面白くなっていってます。あとがきにも書いてありますが、物語は終局に差し掛かっているようです。どんなラストになるのかすごく気になります。(既に完結はしているのですが。)積読本はまだたくさんあるのですが、しばらくはビブリア優先で読みます。

 

ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ (メディアワークス文庫)

ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ (メディアワークス文庫)

 

 

(おわり)