猫兎ライフ

美味しい食べ物にうまい酒、面白い本に楽しいゲーム、それさえあれば幸せです。

日常系かと思いきや【読書感想文】『暦物語』西尾維新/KADOKAWA

// 【紹介】 西尾維新の物語シリーズ。 【感想】 学校の怪談レベルの、怪異未満の話の短編集。かと思いきや最後の最後で主人公が死ぬ。日常からのギャップが素晴らしかった。 暦物語 (講談社BOX) 作者: 西尾維新,VOFAN 出版社/メーカー: 講談社 発売日:…

カタルーニャを語るーにゃ【読書感想文】『物語 カタルーニャの歴史』田澤耕/中公新書

// 【紹介】 最近なにかと話題のカタルーニャの歴史について書かれた本。 【感想】 カタルーニャが独立するとかしないとかニュースで耳にしたので、カタルーニャについて学ぶためにこの本を購入した。独立問題が浮上するまで、カタルーニャという名前すら聞…

ひと足先にヌーヴォーいただきました【ワインレビュー】『2017完熟 巨峰』アルプスワイン/日本

// 【紹介】 日本の信州(長野県)産の巨峰のワイン。 アルコール分:12% 内容量:720ml お値段:1000円弱 信州(長野県)は日照量が豊富で収穫時期における昼夜の温度差が大きいため高品質で美味しいぶどうが育ちます。信州産の完熟した巨峰ぶど…

踊らされている感【読書感想文】『憑物語』西尾維新/KADOKAWA

// 【紹介】 西尾維新の物語シリーズ。 【感想】 この話も、後々への伏線が盛りだくさんの回。正弦がらみの’踊らされている感’が特に好き。 憑物語 作者: 西尾維新,VOFAN 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2012/09/27 メディア: 単行本 購入: 6人 クリック: …

既視感のあるディストピア【読書感想文】『R帝国』中村文則/中央公論新社

// 【紹介】 「教団X」などを書いた中村文則さんの本。初版は2017年8月25日発行。 【感想】 いままで中村文則さんの本を読んだことはなかった。この本は書店に並べられていたのを気になって手に取り、少し読んで面白そうだと思い、買った。 この本を…

まさかの貝木回【読書感想文】『恋物語』西尾維新/KADOKAWA

// 【紹介】 西尾維新の物語シリーズ。今回の語り手は、まさかの貝木泥舟。 【感想】 恋物語というタイトルには、およそ最も似つかわしく無い人物が語り手だった。中・高生が登場人物の中心となる本作では、貝木はやはり大人だと感じさせられる話だった。1…

伏線【読書感想文】『鬼物語』西尾維新/KADOKAWA

// 【紹介】 西尾維新の物語シリーズ。 【感想】 ファイナルシーズンまで読み終えた今だからわかるが、後々への伏線が盛りだくさんの巻だった。ラストの肩車の場面は特に好き。 鬼物語 (講談社BOX) 作者: 西尾維新,VOFAN 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2…

体がポカポカするお酒【レビュー】『Jägermeister(イエーガーマイスター)』

【紹介】 ドイツ版養命酒という触れ込みで売られていたお酒。 原産国:ドイツ 内容量:700ml アルコール分:35% お値段:1500円くらい 【感想】 56種類もの植物が使われているというお酒。体に良さそうな味がする。ショット1杯でも飲むと体がポ…

横浜、日ノ出町駅前のインド・ネパールカレー屋【レビュー】『ナマステポカラ』日ノ出町/京浜急行

// 【紹介】 京浜急行日ノ出町駅前すぐにあるインド・ネパール料理(カレー)のお店。 【感想】 最近ここを通った時に見つけて、気になっていたお店。ランチタイムには結構お客さんも入っている様だった。 注文したのは、ランチセット(680円)のチキンと…

【読書感想文】『囮物語』西尾維新/KADOKAWA

// 【紹介】 西尾維新の物語シリーズ。本作の語り手は、千石撫子。 【感想】 語り手が変わると新鮮で面白い。しかも今回は怪異本人。おっとりしているようでぶっ飛んでいて、気弱なようで取り付く島がない。戦闘力は過去最強クラス。 最初は、こいつが語り手…

話が長い【読書感想文】『花物語』西尾維新/KADOKAWA

// 【紹介】 西尾維新の物語シリーズ。本作の語り手は、神原駿河。 【感想】 この巻だけAmazonでの評価が低かったので、レビューを覗いたら一人語りが長いとのことだった。読んでみると、確かに長かった。正直うんざりするほどに。 阿良々木暦がいない高校と…

定番のTSモノ【読書感想文】『傾物語』西尾維新/KADOKAWA

// 【紹介】 西尾維新の物語シリーズ。今回はTS(タイムスリップ)モノ。 【感想】 この話は特に好き。スケールも大きいし(文字通り世界が滅びる)、この手の話に有り勝ちなタイムパラドクスの問題も腑に落ちる形になっている(タイムスリップを含んだ多世…

本題が始まるまでに半分の紙面【読書感想文】『猫物語(白・黒)』西尾維新/KADOKAWA

// 【紹介】 物語シリーズ、羽川翼がメインとなる話。 【感想】 ここまでよく我慢してくれた。 礼を言う。 さあ、本題だ。(本文より) 黒では、上記の通り本題に入るまでに半分以上のページを使っている。つくづく自由な小説だと思う。白の語り手は羽川翼で…

ハミガキ回【読書感想文】『偽物語』西尾維新/KADOKAWA

// 【紹介】 物語シリーズ、第3弾。 【感想】 今回は伝説のハミガキ回。アニメ版も大概だったが、字面も相当なものだった。ハミガキの印象が強すぎるのだが、偽物語には兄妹愛が書かれているので好き。 偽物語(上) (講談社BOX) 作者: 西尾維新,VOFAN 出版社…

グロ回【読書感想文】『傷物語』西尾維新/KADOKAWA

// 【紹介】 西尾維新の物語シリーズ2番目の話。主人公、阿良々木暦の高校2年生と3年生の間の春休みの話なので、時系列的には化物語よりも前の話になる。 【感想】 本作はグロ回。まだシリーズ全作を読んだわけではないのでなんとも言えないが、明確に人…

【スプラ2解説】たつじんバイトガールによるサーモンラン攻略マニュアル

// 【紹介】 【バイトとは?】 【基本の流れ】 ①武器編成を見極め自分の役割を理解する ②地形と状況に即した行動をとる ③オオモノシャケを効率よく倒していく 【武器編成と役割】 〈DPS系〉 〈サポート系〉 〈遠距離系〉 【状況に即した戦い方】 〈キンバエ…

久々のワイン【レビュー】『CASTRO REGIO(カストロ レヒオ)』スペイン

// 【紹介】 スペイン産、ミディアムボディのワイン。 原産国:スペイン アルコール分:12% お値段:500円 プラムやシナモンの香り。柔らかな酸味とソフトな口あたりが心地良いフルーティーで軽やかなワインです。(ラベルより) 【感想】 久しぶりに…

さっぱりすっきりレモンジャム【レビュー】『レモンママレード』アヲハタ

// 【紹介】 レモン味のジャム。信頼の青旗印。 【感想】 さっぱりしている。すっきりしている。ただ単に酸っぱいというわけではない。ラベルにある通り「きれいな甘さ」だ。果物を砂糖漬けにするというジャムの製法上、さっぱりしたジャムを作るのは難しい…

懐かしの味【レビュー】『レモンスカッシュ』不二家

// 【紹介】 レモン味の炭酸飲料。 【感想】 懐かしい味がする。懐かしいと言っても、飲み物としてのレモンスカッシュはそれほどの回数飲んだことはなく、キャンディのレモンスカッシュを子供の頃よく舐めていた気がする。 甘さと酸味のバランスが良くおいし…

人工甘味料の味【レビュー】『ドデカミン ストロングコーラ』アサヒ

// 【紹介】 ドデカミンのコーラ。 【感想】 私は小さい缶のコーラが好きだ。味が濃かったり炭酸が強かったりするし、なにより量がちょうど良い。500ml缶や350ml缶だと多すぎる。ペットボトルなら一応保存はできるが、炭酸が抜けてしまう。 ペプシのリ…

拭えぬキワモノ感【レビュー】『ファンタ キウイ +E』コカ・コーラ

// 【紹介】 キウイフルーツ味のファンタ。 【感想】 自販機限定のキウイフルーツ味のファンタ。キウイフルーツは甘酸っぱくて好きな食べ物ではあるのだが、なかなかジュースやお菓子として製品化されていないので、どうしてもキワモノ感が拭えない。キウイ…

【スプラトゥーン2】各ブキの性能・強さ・使い心地などを解説します。

// 【紹介】 【各ブキの解説】 〈わかばシューター〉 〈もみじシューター〉 〈ボールドマーカー〉 〈シャープマーカー〉 〈プロモデラーMG〉 〈プロモデラーRG〉 〈スプラシューター〉 〈スプラシューターコラボ〉 〈.52ガロン〉 〈.96ガロン〉 〈プライムシ…

iPhoneX、iPhone8、iPhone7性能比較表

// www.apple.com 【紹介】 iPhone8とiPhoneXが発表されたので、現行モデルとの簡易比較表を作った。 【比較表】 【感想】 いま使っている6Sが壊れるまで買い替える予定はないのだが、新モデルが気になったので比較表を作った。 iPhone8は7のマイナーチェン…

お得感【レビュー】『ICE BOX(アイスボックス)』森永

// 【紹介】 グレープフルーツ味の小粒の氷がカップに入っている。 【感想】 昔からアイスボックスが大好きだ。そもそもグレープフルーツが大好きだし、氷も好き。普通のアイスと同じ値段(100円くらい)でたくさん入っているので、お得感もある。 (おわ…

残暑に美味しいアイス【レビュー】『濃いカルピスアイスバー ピーチinピーチ』ロッテ

// 【紹介】 カルピスのアイス。ピーチ味。 【感想】 残暑が厳しい日。夏真っ盛りというほどではないが、それでも蒸し暑い日。そういう日は、アイスのチョイスに悩む。この日は「濃いカルピスアイスバー ピーチinピーチ」を選んだ。正解だった。 基本的には…

アニメも小説も傑作【読書感想文&アニメレビュー】「化物語(物語シリーズ)」西尾維新/講談社

// 【紹介】 現代の田舎町を舞台とした怪異譚。原作の既刊数は20を超え、10年以上続くシリーズとなっている。アニメの方は劇場版もある。 【感想】 私は、「アニメを見てから原作を読んだ」派。アマゾンプライムビデオにあったから何気なく観て、ハマっ…

近年稀に見るコアでバカなアニメ【アニメレビュー】『ばくおん!!』

// 【紹介】 女子高生がバイクに憧れ、免許を取って、バイクを買って、ツーリングに行って・・・という内容のアニメ。 【感想】 まず取り扱っているテーマが非常にニッチ。いまどきバイクに乗っている人なんてどれくらいいるのだろうか?そもそも免許も取れ…

意外と重いテーマ【読書感想文】『モモ』ミヒャエル・エンデ/岩波少年文庫

// 【紹介】 ミヒャエル・エンデによる児童文学の名作。 【感想】 この作品を知ったのは、ゼノサーガが理由。モモの元ネタが確かこの本だったはず。それくらい、後世の作品にも影響を与えている名作。 いつの時代か、どこの場所かも確かではない街を舞台に、…

スケキヨ【読書感想文】『犬神家の一族』横溝正史/角川文庫

// 【紹介】 白いマスクと湖面から突き出た足のスケキヨが有名な、横溝正史のミステリー小説。主人公は金田一耕助。 【感想】 ※スケキヨイメージその1 ※スケキヨイメージその2 タイトルと、スケキヨのイメージだけは知っていた小説。有名なので、いつか読…

胸熱あり、胸糞あり【アニメレビュー】『ソードアート・オンライン』

// 【紹介】 完全VRのオンラインゲームからログアウト不可能となり、ゲーム内で死んだら現実でも死んでしまうという内容のお話。 【感想】 ゲーマーなら誰もが一度は夢想する「ログアウト不可」のゲーム。ログアウトができず、ゲーム内での出来事が現実にも…