猫兎ライフ

美味しい食べ物にうまい酒、面白い本に楽しいゲーム、それさえあれば幸せです。

お得感【レビュー】『ICE BOX(アイスボックス)』森永

// 【紹介】 グレープフルーツ味の小粒の氷がカップに入っている。 【感想】 昔からアイスボックスが大好きだ。そもそもグレープフルーツが大好きだし、氷も好き。普通のアイスと同じ値段(100円くらい)でたくさん入っているので、お得感もある。 (おわ…

残暑に美味しいアイス【レビュー】『濃いカルピスアイスバー ピーチinピーチ』ロッテ

// 【紹介】 カルピスのアイス。ピーチ味。 【感想】 残暑が厳しい日。夏真っ盛りというほどではないが、それでも蒸し暑い日。そういう日は、アイスのチョイスに悩む。この日は「濃いカルピスアイスバー ピーチinピーチ」を選んだ。正解だった。 基本的には…

アニメも小説も傑作【読書感想文&アニメレビュー】「化物語(物語シリーズ)」西尾維新/講談社

// 【紹介】 現代の田舎町を舞台とした怪異譚。原作の既刊数は20を超え、10年以上続くシリーズとなっている。アニメの方は劇場版もある。 【感想】 私は、「アニメを見てから原作を読んだ」派。アマゾンプライムビデオにあったから何気なく観て、ハマっ…

近年稀に見るコアでバカなアニメ【アニメレビュー】『ばくおん!!』

// 【紹介】 女子高生がバイクに憧れ、免許を取って、バイクを買って、ツーリングに行って・・・という内容のアニメ。 【感想】 まず取り扱っているテーマが非常にニッチ。いまどきバイクに乗っている人なんてどれくらいいるのだろうか?そもそも免許も取れ…

意外と重いテーマ【読書感想文】『モモ』ミヒャエル・エンデ/岩波少年文庫

// 【紹介】 ミヒャエル・エンデによる児童文学の名作。 【感想】 この作品を知ったのは、ゼノサーガが理由。モモの元ネタが確かこの本だったはず。それくらい、後世の作品にも影響を与えている名作。 いつの時代か、どこの場所かも確かではない街を舞台に、…

スケキヨ【読書感想文】『犬神家の一族』横溝正史/角川文庫

// 【紹介】 白いマスクと湖面から突き出た足のスケキヨが有名な、横溝正史のミステリー小説。主人公は金田一耕助。 【感想】 ※スケキヨイメージその1 ※スケキヨイメージその2 タイトルと、スケキヨのイメージだけは知っていた小説。有名なので、いつか読…

胸熱あり、胸糞あり【アニメレビュー】『ソードアート・オンライン』

// 【紹介】 完全VRのオンラインゲームからログアウト不可能となり、ゲーム内で死んだら現実でも死んでしまうという内容のお話。 【感想】 ゲーマーなら誰もが一度は夢想する「ログアウト不可」のゲーム。ログアウトができず、ゲーム内での出来事が現実にも…

鎌倉の隠れた名所『鎌倉ふくろうの森』(お触り可)

// 【紹介】 鎌倉の小町通りにある、フクロウと触れ合うことのできるスポット。 【感想】 鎌倉にこんな場所があるとは知らなかった。怪しげなビルの一室にフクロウがいる。 室内の随所にある止まり木に、フクロウが繋がれている。慣れているフクロウには触る…

ふぁいと一発【レビュー】『リポビタンD』大塚製薬

// 【紹介】 大塚製薬の栄養ドリンク。指定医薬部外品。 【感想】 時々リポDを飲みたくなる。私は栄養ドリンクの味が大好きだ。あの濃厚な味は、効いている気がする。 エナジードリンクより安いのもまた良い。そして医薬部外品なので効能も高いはず。 大正製…

ニンテンドースイッチを欲しくなる理由【読書感想文】『影響力の武器』ロバート・B・チャルディーニ/誠信書房

// 【紹介】 セールスパーソンや宗教指導者などが、他人を動かすために使用しているテクニックを科学的に解説した本。 【感想】 ニンテンドースイッチが欲しくて欲しくて、たまらなくて、毎日のように店頭と通販サイトを訪れ、転売価格のスイッチにも心がな…

特農梅酒【レビュー】『チョーヤ梅酒 The CHOYA AGED 3YEARS』

【紹介】 チョーヤの梅酒の3年もの。 【感想】 以前飲んだ1年ものの梅酒よりも、さらに濃い。ストレートで飲むと、まるで梅酒の梅を齧っているように感じるほどだ。ロックにしてもソーダで割っても負けない味の濃さ。 チョーヤ梅酒 The CHOYA AGED 3YEARS …

味は同じ【レビュー】『REAL GOLD Sharp Up(リアルゴールド シャープアップ)』コカ・コーラ

// 【紹介】 リアルゴールドのエナジードリンク。 【感想】 味は普通のリアルゴールドと変わらない。味が濃いわけでも、スースーするわけでも、炭酸が強いわけでもない。集中力に効く成分が入っているらしいが、体感的にはなにも感じなかった。 電車に乗って…

わさび強め【レビュー】『チップスター 信州本わさび味』

// 【紹介】 チップスターの本わさび味。 【感想】 お菓子にしてはかなりわさびの風味が強い。わさビーフよりも、ブルボンプチのわさび味よりもわさびが強い。2、3枚も口に含めば鼻がツーンとする。塩味も強め。 お酒のつまみに最適。 ヤマザキビスケット…

塩野節に食傷気味【読書感想文】『ギリシア人の物語Ⅱ 民主政の成熟と崩壊』塩野七生/新潮社

// 【紹介】 古代ギリシアを題材にした歴史の本。 【感想】 この巻では主にアテネの凋落が書かれている。 内容はいいとして、塩野さん独特の説明調の文体が妙に気になった。「ローマ人の物語」の時には特に意識することもなかったが、本作では妙にくどく感じ…

R6Sにも登場するGIGNの活躍を描いた映画【レビュー】『フランス特殊部隊GIGN』

// 【紹介】 実際の事件「エールフランス8969便ハイジャック事件」を題材にした映画。 【感想】 全体的にややセピア調で、フランス感が漂う映画だった。主人公が全く活躍しないのは良いとして、ハイジャックの制圧にリボルバーを装備するというのは一体…

イエネコの生態がわかる【レビュー】『密着! ネコの一週間』

// 【紹介】 アマゾンプライムビデオで視聴可能な、ネコの番組。 【感想】 家で飼われているネコに発信器とカメラを装着し、行動を調査する。それも1匹2匹の話ではなく、町全体で飼われているネコの行動を調査するのだ。 ネコの行動範囲や、夜間の出歩き、…

ちょっとお高いフルーツアイス【レビュー】『7種のフルーツバー』

// 【紹介】 ローソンで売っている、フルーツアイスバー。 メーカーはどこだったか忘れた。 お値段は税込で200円くらい。 【感想】 暑い日が続くので、アイスがおいしい。炎天下の中を出歩き、ふと立ち寄ったコンビニでおいしそうなアイスを見かけるとつ…

バックパッカーの本【読書感想文】『深夜特急1〜6』沢木耕太郎/新潮文庫

// 【紹介】 インドのデリーからイギリスのロンドンまで乗合いバスで旅をしたバックパッカーの記録 【感想】 バックパッカーの旅の様子がよくわかる本だった。 言葉もろくに通じないような土地で一泊数百円の宿に泊まり、わずかなタクシー代をケチるために延…

アマゾンプライムデーの戦利品(ニンテンドースイッチは買えなかった…)

【紹介】 年に1度のアマゾンのセール「アマゾンプライムデー」が7月11日に開催された。 【戦利品】 普段から使うもので、たくさんあっても困らず、保存が効くものということでお酒を買った。 〈プレモル〉 [2017年 新発売]ザ・プレミアム・モルツ 350ml×…

R6Sにも登場するBOPEの活躍を描いた映画【レビュー】『エリート・スクワッド ブラジル特殊部隊BOPE』

// 【紹介】 アマゾンプライムビデオで視聴可能な特殊部隊モノの映画。ブラジルのBOPEの活躍が描かれる。 【感想】 最近Huluを全く観なくなったので解約し、アマゾンプライムビデオの品揃えは如何なものかとのぞいたときにこの映画を見つけた。アマゾンのビ…

嵐の夜は【レビュー】『Ballantines FINEST(バランタイン ファイネスト)』スコットランド

【紹介】 スコッチの定番「バランタイン」の一番廉価なバージョン「バランタイン ファイネスト」。 容量:700ml アルコール分:40% お値段:1400円くらい 名門バランタイン社が1910年に発売して以来、世界中で愛されている傑作スコッチ。40…

睡眠の本【読書感想文】『睡眠の科学』櫻井武/講談社ブルーバックス

// 【紹介】 科学読み物の定番ブルーバックスシリーズの、睡眠に関する本。 【感想】 最近睡眠不足を感じていたので、睡眠に関する本を読みたいと思っていた。自己啓発系の本にも睡眠に関するものはあったが、科学的なエビデンスに基づいた知識が欲しかった…

ゲーテが愛したビール【レビュー】『ケストリッツァー・ダーク』ドイツ

【紹介】 スーパーで見つけたドイツ産の黒ビール。”ゲーテが愛した…”という謳い文句に惹かれて買ってしまった。 内容量:500ml お値段:400円くらい アルコール分:4.8% 【感想】 歴史のあるビールなので、クセが強いかもしれないと覚悟して飲んだ…

主人公がクズ【読書感想文】『劇場』又吉直樹/新潮社

// 【紹介】 「火花」に続く2冊目の又吉直樹さんの小説。今回の主人公は、劇団員。 【感想】 主人公がクズ。それに尽きる小説だった。 主人公は行動も言動も支離滅裂で、生活は自立しておらず、他人に迷惑ばかりかけている。何を間違ったか、とても気立ての…

CMで見たゼリー【レビュー】『ララクラッシュ』マンナンライフ

// 【紹介】 ゼリーの中にやや硬めのゼリーが散りばめられている、2つの食感を楽しめるゼリー。最近テレビCMが流れていた。難消化性デキストリンでおなかの調子を整えるトクホでもある。 【感想】 普段ゼリーは全くと言って良いほど食べないのだが、ワニの…

真のジャーナリズム【読書感想文】『殺人犯はそこにいいる(文庫X)』清水潔

// 【紹介】 少し前に、「文庫X」としてカバーが隠された状態で売られていた本。最近はタイトルが明かされた状態で売られている。その中身は『殺人犯はそこにいる』という連続幼女誘拐殺人事件を扱ったノンフィクションだった。 【感想】 隠された状態では胡…

翻訳の勉強法【読書感想文】『通訳翻訳ジャーナル 2017 SPRING』イカロス出版

// 【紹介】 通訳・翻訳家のためのナビゲーションマガジン。本号の特集は「間違いだらけの勉強法」 【感想】 翻訳家を目指しているのだが、学校に行く気もないのでまずは勉強法自体を学ぶ必要があった。内容的にはおおまかにいえば「基礎を大切にする」「ア…

翻訳家の年収は?【読書感想文】『通訳翻訳ジャーナル 2017 SUMMER』イカロス出版

// 【紹介】 通訳・翻訳家のためのナビゲーションマガジン。本号の特集は「収入と働き方」 【感想】 何か仕事をしようと思い立った時、気になることのひとつが収入だ。自分のやりたいことや好きなことを仕事にできたとしても、食っていけなければ話にならな…

R.I.P カール【レビュー】『カール カレーあじ&チーズあじ』明治

// 【紹介】 長年愛されてきた明治のお菓子。 【感想】 西日本以外での販売が終了すると聞いて、カールを買って食べた。あくまで「西日本以外での販売」が終了するのであって、生産終了でも全面的に販売されなくなるわけでもないのに、各地で品切れや転売ま…

メロンのゼリー【レビュー】『夕張メロンピュアゼリー』HORI

// 【紹介】 北海道みやげの定番の1つ、夕張メロンゼリー。 【感想】 知人から夕張メロンゼリーをもらった。これを食べるのはいつぶりだろう。子供の頃によく頂きものとしてもらって食べていた記憶がある。 正直、メロンやメロンのお菓子はあまり好きではな…