読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫兎ライフ

美味しい食べ物にうまい酒、面白い本に楽しいゲーム、それさえあれば幸せです。

メタルギアオンラインは、期待以上の面白さだぞ!【ちょっとプレイした感想】

昨日(2015年10月6日)から、メタルギアオンラインのサービスが開始されました。まだまだ不安定な部分もありますが、とても楽しいゲームです。プレイしていると、あっという間に時間が過ぎてしまいます。社会人は寝不足で翌日の仕事に影響が出ないように、受験生は勉強をおろそかにして志望校を落とさないように注意しましょう。

さて今回は現在プレイ可能な3種類のモードでプレイしたので、その動画とそれぞれの感想を書いていきます。MGO2では、レベル15前後だったので、プレイヤースキルはお察しください。

 

   

 

『COMM CONTROL』

youtu.be

前作MGO2でいうところの、BASE(拠点制圧)のようなミッションです。最近のFPSに良くあるルールです。一定の枠内にいると拠点を占領し、占領している拠点によってゲージが溜まっていきます。

死亡のペナルティは無く、リスポーンまでの時間が加算されることもないので、死を恐れずに積極的に動くことができます。

今回は運良く、ユニークキャラクターのスネークを使うことができました。スネークはかなり強いので、このルールではスネーク無双のチャンスです。マシンガンの装備セットが使いやすくてお気に入りです。

 

『BOUNTY HUNTER』

youtu.be

相手チームのチケットを減らすのが目的の、チームデスマッチのようなルールです。相手をキルするかフルトン回収するとチケットを減らすことができます。

タイトルの日本語訳は「賞金稼ぎ」です。このルールでは、せっかく相手のチケットを減らしても、フルトン回収で一気に形勢逆転されることもあるので注意が必要です。あまり敵を倒しすぎると、相手のターゲットにされてしまいます。キル数が上がるほど、慎重な立ち回りが必要になります。

今作では、フィールドが広がり自由度が増したので簡単に裏取りされます。弾道も重力が考慮され、着弾までの時間差もあります。スナイパーとして活躍するためには相当のスキルが要求されそうです。

前線に出てドンパチするのが楽しいです。

 

『CLOAK AND DAGGER』

youtu.be

前作のチームスニーキングとほぼ同じルールです。死亡したらそのラウンンドでの復活はありません。攻撃側にはステルス迷彩が標準装備されています。

ステルス迷彩を起動していても、空間の歪みが見えるので発見しやすくなっています。麻酔ピストルの使い勝手も悪くなったように感じます。距離が離れると弾道が安定しないので、長距離ヘッドショットは実質不可能になっています。

こう書くと攻撃側が不利なようですが、ステージが広くなって侵入経路もたくさんあるので防御側も大変になっています。

序盤で死ぬと、そのラウンド中ずっとヒマなのは相変わらずです。

 

【まとめ】

今はこの3つのルールのみプレイ可能です。今後新たなルールが追加されるかもしれません。どれも非常に楽しいです。

前作のMGO2は、「針の穴に糸を通すようなゲーム」と揶揄されていました。ヘッドショットの比重が大きすぎるために、エイム力が全てのようなゲームでした。今回は、立ち回りの比重が大きくなったように感じられるので、シューティングが苦手な人にも敷居の低いゲームになっているのではないかと感じました。

装備品もどんどん増えていくことでしょうから、やり込み要素も盛りだくさんです。MGO廃人が量産される予感がしています。

(おわり)