読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫兎ライフ

美味しい食べ物にうまい酒、面白い本に楽しいゲーム、それさえあれば幸せです。

死のピタゴラスイッチ【映画レビュー】ファイナル・デッド・コースター/2006年

   

 

【紹介】

ファイナル・デッドコースター 通常版 [DVD]

ファイナル・デッドコースター 通常版 [DVD]

 

 2006年アメリカ公開の、ホラー映画です。

ジェットコースターの凄惨な事故から逃れた人々が、不可解かつ残酷な死に方をしていきます。死の運命から逃れようとする主人公たちの運命やいかに。

【感想】

huluでホラーものを探していた時に見つけた映画です。タイトルが微妙だったので、B級映画かな?と期待せずみ観始めましたが見事にはまり、続編まで見てしまいました。この記事を書くために少し調べたところ、ファイナルデッドコースターは3作目でした。正月に見るような内容ではありませんが、全2作品も早く見たいと思います。

主人公の女の子の予知能力(?)により、ジェットコースターの事故を回避したはずが、事故を逃れた人が続々と死亡していきます。逃れられない運命のようなものに追い詰められていく様子が不気味で恐怖を煽ります。ちょっとしたきっかけが連鎖反応を起こし、致死的な事故を引き起こす様子は、ピタゴラスイッチを彷彿とさせます。

「置いた物が落下してスイッチを作動させて・・・」とか「立てかけたモップが倒れて・・・」とか「コップから落ちた結露がスパークを起こして・・・」といったことが次々と続いて起こり、残酷な死を引き起こします。基本的に死を回避することはできません。

死に方もかなりグロいです。食事中の視聴はお勧めできません。小さいお子さんがいる場合も控えたほうが良いでしょう。ケチャップたくさんのスクランブルドエッグを食べながら見るべきではありません(自戒)。

ラストがまた最高です。完全に救いがなく、後味最悪です。覚悟して観ましょう。

↓続編(ファイナルデッドサーキット)

ファイナル・デッドサーキット スタンダード・エディション [DVD]

ファイナル・デッドサーキット スタンダード・エディション [DVD]

 

 

(おわり)