読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫兎ライフ

美味しい食べ物にうまい酒、面白い本に楽しいゲーム、それさえあれば幸せです。

今も昔も変わらぬもの【読書感想文】『雪国』川端康成/新潮文庫

読書感想文

   

 

f:id:catrabbitnekousagi:20160503134532j:plain

【紹介】

国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。(本文より) 

の書き出しで有名な、川端康成さんの小説です。

 

雪国 (新潮文庫 (か-1-1))

雪国 (新潮文庫 (か-1-1))

 

 

【感想】

端的に要約してしまうと、妻子持ちのエリートニートが温泉街の女のもとに通う話でした。

寂れた田舎であろう舞台において、ヒロイン(?)の駒子は、活力にあふれ非常に魅力的に書かれています。働く必要がなく、ぶらぶらしている主人公のような男には気になって仕方のない存在だと思います。

私は、有名な冒頭の一文しか知らず、どんな名作だろうと読み始めましたが、何のことはなく、男と女の話でした。考えてもみれば、「男と女」というのは古来からあるテーマで、「ロミオとジュリエット」や「源氏物語」から、現代の村上春樹に至るまで、文学作品では常に目にします。村上春樹の小説も、「やれやれ、僕は射精した」に集約されます。

近〜現代の傾向としては、「隔世・厭世的でニヒルな男主人公がやけにモテる」というのがあると思います。男女関係の傾向を反映しているのか、ただの作家の願望なのか。何かの参考になるかもしれません。

(おわり)