読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫兎ライフ

美味しい食べ物にうまい酒、面白い本に楽しいゲーム、それさえあれば幸せです。

究極の処世術【読書感想文】『人生をいじくり回してはいけない』水木しげる/ちくま文庫

   

 

f:id:catrabbitnekousagi:20160627171522j:plain

【紹介】

「ゲゲゲの鬼太郎」で有名な水木しげるさんのエッセイです。

 

人生をいじくり回してはいけない (ちくま文庫)

人生をいじくり回してはいけない (ちくま文庫)

 

 

【感想】

水木さんは、戦争で片腕を失ったにも関わらず漫画家になった人です。何度も死にかけた人だけに、エッセイにも重みがあります。

こういう世の中で、自殺者が増えるのもよくわかる。豊かになると、ヒマができる。すると、そのヒマに殺される人も出てくるのではないか。自分が何をしたいのかよくわからなくなって、世の中がつまらなく思えてしまうのである。(本文より)

「小人閑居して不善をなす」とはよく言ったもので、人というのはヒマを持て余すとロクなことをしません。パチンコをしたり、ソシャゲにはまったり、アイドルの追っかけをしたり、ストーカーになったり。毎日食っていくので精一杯というような状況では、自殺なんて思いつきもしないはずです。日本で自殺が多いのも、なまじ豊かになって時間に余裕ができて、ヒマを持て余しているのが原因の一つだと考えられます。

 

「幸せ」というのは厄介なもので、カシコイ人、エライ人の決めた単純な方法を守っていても、必ずしもうまくいかない。(本文より)

働き者だとすぐ死んでしまいます。怠け者でないと、生きていけないのです。(本文より)

 戦争に翻弄され、片腕を失いマラリアに苦しんでなお生還した水木さんには、精神的な強さがあったのだと思います。それも、「耐える強さ」ではなく「受け流す強さ」です。軍規に無頓着であった水木さんは、規則に反しても現地住民と交流し、その結果マラリアで弱った際も食べ物を恵んでもらい、助かっています。極限状態で培ったこの処世術は、今の世の中でも十分通用するはずです。

このしたたかさは、私も見習いたいです。

(おわり)