読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫兎ライフ

美味しい食べ物にうまい酒、面白い本に楽しいゲーム、それさえあれば幸せです。

男から見た女【読書感想文】『ティファニーで朝食を』トルーマン・カポーティ、村上春樹訳/新潮文庫

   

 

f:id:catrabbitnekousagi:20161203122717j:plain

【紹介】

オードリー・ヘプバーン主演で有名な同名映画の原作です。

 

ティファニーで朝食を (新潮文庫)

ティファニーで朝食を (新潮文庫)

 

 

【感想】

映画を見たことはないのですが、それでもヘプバーンのイメージとは大きく異なる話の内容でした。主人公のホリーは自由奔放に生きているように見えて、過去を引きずっているし落ち着けるチャンスを自ら手放し、破滅的であるとさえ感じさせられました。本書に収録されている他の短編に登場する娼婦の主人公も、真実の愛を見つけたかと思いきやDVを受け、それでも逃げ出すチャンスをみすみす逃しています。男から女を見た時に感じる、自滅的とも思われる一種の不合理さ・不可解さがよく表現されていました。女性が読んだらまた違う感想があるのかもしれません。ちなみにこの本の著者は男です。

村上春樹さんの訳なので、とても読みやすく素晴らしい文章でした。

(おわり)