読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫兎ライフ

美味しい食べ物にうまい酒、面白い本に楽しいゲーム、それさえあれば幸せです。

村上春樹小説のテンプレート【読書感想文】『騎士団長殺し第1部・第2部』村上春樹/新潮社

   

 

f:id:catrabbitnekousagi:20170502162718j:plain

【紹介】

村上春樹さんの新作小説です。2017年2月25日発売です。

【感想】

よく言えば村上春樹さんらしい、悪く言えば真新しさのない小説でした。

詳しい内容はネタバレになるので避けますが、過去の作品とだいたい同じ流れのストーリーでした。

・比較的自由な立場の男が主人公(本作では妻と別居している男)

・登場人物は大抵不適切な男女関係をもっている(本作では不倫や托卵をしてる)

・主人公の射精が重要な意味を持っている(本作でも射精)

・主人公は不思議な体験をする(本作では顔ながの穴に入る)

・不思議な世界から無事に生還するが特に説明はなされない

・続きがありそうなふんわりとした終わり方

 

私は特別村上春樹の熱心なファンというわけではなく、「ノルウェイの森」「ねじまき鳥クロニクル」「1Q84」「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」「アンダーグラウンド」ぐらいしか読んだことはありません。それでも今回の騎士団長殺しには既視感を感じました。

決してつまらないわけではなく、面白くてスイスイ読めるのですが、真新しさは感じられない。そんな小説でした。

 

騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編

騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編

 

 

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編

 

 

(おわり)