猫兎ライフ

美味しい食べ物にうまい酒、面白い本に楽しいゲーム、それさえあれば幸せです。

うなぎもどき【レビュー】『うな次郎』

   

 

f:id:catrabbitnekousagi:20180115220822j:plain

【紹介】

うなぎの代用食品。魚のすり身で作られている。

【感想】

スーパーで半額になって売られていたので、気になって買ってしまった。

ニュースによるとうなぎの稚魚の漁獲状況が悪いらしいので、値上げに備えて代用食品の味を確かめておくのも重要だ。

魚のすり身で作られており、取り出した感触はやや固く、酸味の効いた匂いがした。少々不安だったが、レンジでチンすると豹変した。

f:id:catrabbitnekousagi:20180115221652j:plain

温めると柔らかくなり、身の崩れ方などは本物のうなぎと見紛うほどだった。タレと山椒を掛ければ、十分うなぎとして通用するレベルだった。

うなぎ価格が高騰したら、うな次郎という選択もありかもしれない。うな太郎という名称にしなかったのは、蒲焼さん太郎へのリスペクトがあったからだと思っている。

 

 

(おわり)

 

   

【レインボーシックスシージ】4.2パッチノート(OPERATION WHITE NOISE - MID-SEASON REINFORCEMENTS)

   

 

f:id:catrabbitnekousagi:20180111235928p:plain

rainbow6.ubisoft.com

オペレーション・ホワイトノイズのMID-SEASON REINFORCEMENTとして4.2パッチノートが公開されたので翻訳しつつ紹介する。

まず1月11日(現地時間)からテクニカルテストサーバーに適用されたのちに、テストサーバーからのフィードバックを反映させた上で正式に配布されることになる。

主な内容は、以下の通り。

【ELAのサブマシンガンの装弾数が減る】

50発から40発に減らされる。

現状のELAは強すぎる。ピック率、勝率、キルデス比、1ラウンドあたりのキル数といったデータが示している。今回の調整でも不十分なようだったら、さらなる弱体化も検討している。

【コンカッション(酩酊)の効果が低減する】

コンカッションの効果を受けている最中でも、走ることが可能になる。移動速度とカメラ速度はこれまで通り低下するが、回復までの時間が早くなる(7秒→4秒)。視覚及び聴覚への影響はこれまでと同じく7秒。

この調整はELAとZOFIA両方のガジェットに適用される。

【ASHのR4-C弱体化】

ASHのメインウエポンR4-Cのダメージが減少(41→39)。

高い連射力(860)があるので、現行のダメージでは強すぎる。

【CAPITAOのPARA-308強化】

CAPITAOのメインウエポンPARA-308のダメージが上昇(43→48)。また、反動のブレが減少する。

【Twichのショックドローンの装弾数】

Twichのショックドローンの装弾数が減少(15発→5発)。今までは防衛側のガジェットがいいように壊されていたが、今後はショックドローンの使いどころを見極める必要が出てくる。

【Banditの鉄条網】

Banditの鉄条網の所持数が2個になる(現状は3個)。Banditのピック率は以前として高いので、鉄条網を減らすことで平均化を図る。

【LesionのGu地雷】

LesionのGu地雷の再装填時間が短縮(35秒→30秒)

Lesionの評価は悪くない。この調整で、出来るだけ長く生存して防衛力を高めるというプレイスタイルがより強固なものになる。

【爆弾のUI】

味方がディフューザーの設置中または解除中に、表示が出るようになる。

【観戦カメラの改善】

観戦カメラが観やすくなり、より多くの情報が表示されるようになる。

【バグの修正】

 いくつかのバグが修正される。

レインボーシックス シージ - PS4

レインボーシックス シージ - PS4

 

 

(おわり) 

 

   

本の方が分かりやすい【読書感想文】『2001年宇宙の旅』アーサー・C・クラーク/ハヤカワ文庫

   

 

f:id:catrabbitnekousagi:20180110234246j:plain

【紹介】

超有名な、SF小説の傑作。スタンリー・キューブリック監督の同名映画も有名。

【感想】

映画の方を先に観ていたのだが、ラストの方は正直意味がわからなかった。小説の方が、大分話の内容を掴みやすい。それでも、今尚先鋭的な内容は、読む側の想像力を要求するものだった。

 

2001年宇宙の旅〔決定版〕

2001年宇宙の旅〔決定版〕

 

 

(おわり)

 

   

劣化版ハイファイ【スマホゲーレビュー】『スタートリガー』

f:id:catrabbitnekousagi:20180106215840p:plain

【紹介】

「簡単操作で本格ガンアクション」という触れ込みのスマホゲー。

ヤンジャンの背表紙に広告を出していたので、それなりには人気がある模様。

【感想】

〈キャラデザインが微妙〉

キャラは2.5頭身でいわゆるチビキャラの外観だ。髪型や顔は選択式だが、数が少なく、個性は出しにくい。グラフィックを見ても綺麗だと感動することは無い。ひと昔前(iモード、EZウェブ時代)の携帯MMORPG「エレメンタルナイツオンライン」と同レベル。

〈プレイヤースキル介入の余地が少ない〉

遮蔽物に隠れて、移動して、射撃するというプレイスタイルは「ハイドアンドファイア」に似ている。しかし、エイム要素がなく遮蔽物があまり意味をなしていない。敵を狙うのではなく選択すれば勝手に弾は当たるし、遮蔽物に隠れていてもダメージをくらうことが多いので、やりがいが少ない。

〈操作性が悪い〉

ちょっとプレイしてすぐにアンインストールしてしまったので詳しいことは覚えていないが、操作性が悪かった記憶がある。戦闘もプレイしずらかったし、メニューもわかりづらく、武器の強化もいまいちだった、

【まとめ】

ハイファイが良ゲーだったので、どうしても比べてしまう。プレイヤースキル介入の余地が少ないということは、裏を返せば簡単操作だということでもある。

基本無料なので、気になる人は試すと良い。

スタートリガー

スタートリガー

  • Rekoo Japan CO., Ltd.
  • ゲーム
  • 無料

 

(おわり)

1年を物語シリーズカレンダーで振り返る

   

 

www.monogatari-series.com

【はじめに】

昨年もいろいろ本を読んだが、西尾維新の「物語シリーズ」が一番おもしろかった。

話の内容は数日にまたがっていたり、刊行順と時系列が一致していなかったりと、時間の経過がやや分かりづらくなっている。

カレンダーに書き起こしたらわかりやすいだろうと思って作業していたが、画像でアップすると荒くて良く分からなくなってしまった。

【3月】

f:id:catrabbitnekousagi:20171231151955p:plain

〈出来事〉

3/25傷物語

阿良々木暦が羽川翼のパンチラを目撃し、キスショットに血を吸われる。

3/28傷物語

暦が吸血鬼として目を覚ます。日光に焼かれ、吸血鬼狩りに会う。

3/31傷物語

暦とドラマツルギーが決闘。

〈総評〉

物語シリーズの原点といいうべき、暦とキスショットの出会いがあった月

 

【4月】

f:id:catrabbitnekousagi:20171231163046p:plain

〈出来事〉

4/1傷物語

ドラマツルギー戦の反省会

4/4傷物語

暦とエピソードが決闘

4/5傷物語

ギロチンカッター戦

4/6傷物語

キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード完全復活

4/7傷物語

誰しもが不幸になる結末を迎える(キスショットが暦の影に封じられる)

4/11、12暦物語こよみストーン

学校に置かれている石と祠の怪異もどきの問題に、暦と羽川が取り組む

4/29猫物語(黒)

頬を負傷した羽川を暦が見つける。轢かれた白い猫を埋める。

4/30猫物語(黒)

暦が猫化した羽川に襲われる。

〈総評〉

暦が吸血鬼もどきとなって新学期が始まる。月末のGWには羽川の猫の騒ぎが始まる。この間に、石の話がある。

【5月】

f:id:catrabbitnekousagi:20171231165537p:plain

〈出来事〉

5/1猫物語(黒)

羽川が学校に登校してこない。

5/2猫物語(黒)

忍野が猫羽川に20敗目

5/3猫物語(黒)

祝日の学校で暦と猫羽川が会う。暦は土下座を開始する。

5/4〜6猫物語(黒)

暦は土下座中

5/7猫物語(黒)

暦が土下座の末入手した心渡で猫羽川を退治

5/8猫物語(黒)

暦が登校前に廃ビルで忍のヘルメットに気づく。

5/8化物語ひたぎクラブ

階段から落ちてくる戦場ヶ原ひたぎを暦が受け止める。

5/13(11年前)傾物語ルートX

夏休みの宿題をやっていなかった暦が、忍に頼んでタイムスリップして来たのが11年前のこの日。

5/14(11年前)傾物語ルートX

暦は八九寺真宵を交通事故から救う

5/14化物語まよいマイマイ

迷子になっていた八九寺を、暦とひたぎで送り届ける。暦とひたぎが付き合い始める。

5/23〜化物語するがモンキー

神原駿河が暦に付きまとい始める。

5/26化物語するがモンキー

民倉荘からの帰り道、暦がレインコートの人物に襲撃される。

5/27化物語するがモンキー

学習塾跡で暦と駿河が対決する。

〈総評〉

シリーズ第1巻の化物語が始まる月なので、主要キャラが初登場する話が多い。11年前の傾物語では八九寺が交通事故から救われている。

【6月】

f:id:catrabbitnekousagi:20171231172318p:plain

〈出来事〉

6/11化物語なでこスネーク

忍野からの仕事でお札を神社に貼りに行く途中、暦と駿河は千石撫子に会う。

6/12化物語なでこスネーク

羽川が頭痛。暦と駿河は撫子にかけられた呪いを祓う。

6/13化物語つばさキャット

暦とひたぎが初デート。

6/14化物語つばさキャット

忍が家出。羽川が猫化する。

6/14傾物語ルートX

世界が滅びる。

6/15化物語つばさキャット

忍野が姿をくらます。

6月中旬暦物語こよみサンド

暦が八九寺から砂場の怪異話を聞く

〈総評〉

撫子の蛇が解決してすぐ、羽川の猫が再び現れる。忙しい月だった。ルートXでは世界が滅んでいた。

【7月】

f:id:catrabbitnekousagi:20171231185800p:plain

〈出来事〉

7月某日暦物語こよみウォーター

暦は駿河の部屋を掃除し、入浴する。

7/29偽物語かれんビー

暦は貝木と会ったことで、ひたぎに監禁される。

7/30偽物語かれんビー
暦と火燐が兄妹喧嘩。貝木が町から去る。
7/31偽物語かれんビー

火燐が囲い火蜂から回復する。

〈総評〉

貝木が今月登場する。

【8月】

f:id:catrabbitnekousagi:20171231200025p:plain

〈出来事〉

8月初旬暦物語こよみウィンド

撫子が暦の家を訪れる

8/14偽物語つきひフェニックス

暦と火燐のハミガキ回。月火が影縫余弦・斧乃木余接に襲撃される。

8/14暦物語こよみウィンド

暦は貝木本人から噂を広める方法を聞く。

8/20傾物語

夏休み最終日。宿題をやっていなかった暦は忍に頼んでタイムスリップする。

8/21傾物語

暦と忍がルートXから帰ってくる。

8/21傾物語ルートX

11年前に八九寺を交通事故から救った後、暦と忍は滅んだ世界に帰ってくる。

8/21猫物語(白)

羽川が虎に会い、家が燃える。

8/21鬼物語

タイムスリップからの帰り道、暦と忍はくらやみに遭遇する。余接のアンリミテッドルールブックで離脱する。

8/22傾物語ルートX

暦と忍は、タイムスリップのために霊的エネルギーを探すが徒労に終わる。

8/22猫物語(白)

羽川はひたぎと共に民倉荘で過ごす。夜、虎と対峙する。

8/22鬼物語

暦は山の中でアンリミテッドルールブックの反動による気絶から目を覚ます。

8/23傾物語ルートX

生存者を見つけるため、花火の計画を立てる。

8/23猫物語(白)

羽川は阿良々木家のお世話になる。

8/23鬼物語

暦たちは山中を歩き村に到着し臥煙伊豆湖と会う。八九寺が成仏する。

8/23終物語(中)

暦が夜中に駿河を学習塾に呼び出す。甲冑に遭遇。学習塾跡が全焼する。

8/24傾物語ルートX

花火のため曇天待ち

8/24猫物語(白)

羽川は虎の正体を知り、対決する。

8/24終物語(中)

暦は初代怪異殺しと決闘する。

8/25傾物語ルートX

花火のために曇天待ち

8/25猫物語(白)

戦場ヶ原(父)が出張に行き、羽川とひたぎがしばらく同棲する。

8/26傾物語ルートX

暦と忍が花火をして、大人八九寺と出会う。キスショットと対峙する。

〈総評〉

いくつかの物語が同時進行するので、こうして書き出すと全体像を掴みやすくなる。

【9月】

f:id:catrabbitnekousagi:20171231223317p:plain

〈出来事〉

9月下旬暦物語こよみツリー

暦は火燐から道場の木について相談を受ける。

〈総評〉

9月は出来事も落ち着いて、道場の木の件のみ

【10月】

f:id:catrabbitnekousagi:20171231225115p:plain

〈出来事〉

10月下旬

暦物語暦ティー

暦は月火から茶道部の8人目の部員について相談を受ける。

10/25終物語(上)おうぎフォーミュラ

暦は忍野扇とともに教室に閉じ込められる。

10/26終物語(上)そだちドリル

老倉育が登校してくる。暦と扇は中学校の調査に行く。

10/27終物語(上)そだちロスト

暦と羽川は老倉の家を訪れる。

10/28終物語(上)そだちロスト

暦は老倉に母親失踪の真実を告げる。

10/31囮物語

撫子は通学中に扇に会う。蛇が見えるようになる。

〈総評〉

いよいよ忍野扇が本格的に活動を開始する。

【11月】

f:id:catrabbitnekousagi:20171231233931p:plain

〈出来事〉

11/1囮物語

夜、撫子はクチナワの死体探し中に暦に見つかる。

11/1暦物語こよみマウンテン

登校前、暦と扇は登山をして神社の引越しの話をする。

11/2囮物語

撫子は月火に前髪を切られ、学校でキレて早退して、神体のお札を飲み込んで神様になる。

〈総評〉

後半の山場である撫子の神化がこの11月だった。

【12月】

f:id:catrabbitnekousagi:20180101000732p:plain

〈出来事〉

12月上旬暦物語こよみトーラス

暦と忍はひたぎの手作りドーナツを食う。ドーナツ隠しゲームをする。

〈総評〉

年末だが大した出来事はなかった。

【1月】

f:id:catrabbitnekousagi:20180101203456p:plain

〈出来事〉

1/1恋物語

ひたぎが貝木に撫子を騙すよう依頼する

1/2恋物語

貝木は撫子の家と北白蛇神社を訪問する

1/3恋物語

貝木は余接から手を引くよう忠告を受ける。尾行に気づく。撫子のクローゼットの中を見る。

1/4恋物語

貝木は撫子にお酒を差し入れする。羽川に会う。

1/5〜1/31恋物語

貝木は北白蛇神社に参拝する日々を送る。

〈総評〉

年明け早々は、貝木が語り手のこの物語。1月まるまる使って撫子説得の下準備をしている。仕事の丁寧さが伺える。

【2月】

f:id:catrabbitnekousagi:20180103155905p:plain

〈出来事〉

2/1恋物語

 貝木が撫子の説得に成功する。帰路、襲撃される。

2/13憑物語

暦と月火の風呂回。暦が鏡に映らなくなる。手折正弦が死亡する。

2/14憑物語

暦がひたぎからチョコをもらう。

2月下旬暦物語こよみナッシング

 暦が影縫に稽古を頼む。次の日、影縫がいなくなる。

〈総評〉

撫子の問題は解決するが、正弦の襲撃が続く。

【3月】

f:id:catrabbitnekousagi:20180103135610p:plain

〈出来事〉

3/13暦物語こよみデッド

受験日の朝、暦は北白蛇神社を訪れ、伊豆湖に斬られて死ぬ。

3/13終物語・中

朝、暦は扇に初代怪異殺しとの戦いの話をする。

3/13終物語・下まよいヘル
死んで地獄に落ちた暦は八九寺とともに生還する。
3/13終物語・下ひたぎランデブー

試験後、暦はひたぎからデートに誘われる。

3/14終物語・下ひたぎランデブー

暦とひたぎはデート。扇が暦に助けを求める。

3/14終物語・下おうぎダーク

暦と扇が対決

3/15終物語・下おうぎダーク

暦たちは卒業式。

3/16続・終物語

暦は鏡に引き込まれる。

3/17続・終物語

暦は扇の黒鏡を使い、世界を元に戻す。

3/18続・終物語

暦はひたぎとデート。

〈総評〉

物語のクライマックスとあって、卒業式前後の密度が濃い。

【4月】

f:id:catrabbitnekousagi:20180103143012p:plain

〈出来事〉

4/9花物語

駿河が3年生の新学期を迎える。悪魔様と会う。

4/10花物語

駿河の左腕が元に戻る。悪魔様が悩みの受付を終了。

4/11〜14花物語

駿河は沼池についての情報収集

4/15花物語

駿河は町の外で貝木と会い、焼肉を食べる。

4/16花物語

駿河は沼池と再会する。沼池が既に死亡していることを知る。

4/17花物語

貝木から駿河に悪魔の頭が届く。学校を休む。

4/20花物語

放課後、駿河と沼地はバスケの1on1で対決。

4/21花物語

暦が駿河宅を訪れ、部屋の掃除。

〈総評〉

 例外的に花物語は年度をまたいでいる。

 

 

(おわり)

 

   

ラプラスの悪魔【読書感想文】『人間とは何か』マーク・トゥエイン/角川文庫

   

 

f:id:catrabbitnekousagi:20171230215736j:plain

【紹介】

老人が真理を伝え、若者が反発する。良くあるパターンの構成のお話。

「人間が自分で生み出すものは、何ひとつない ー ひとつの意見でさえも、ひとつの考えでさえも、生み出すことはできないのだ」(背表紙より)

【感想】

読んだのがちょっと前なので詳しい内容は忘れてしまったが、決定論的な内容の話だった。人の思考や行動は、教育や育った環境などの外的要因で決まるもので、オリジナルな要素は何もない。というような主張を老人が繰り広げる。

だから人間の人生など無価値だというのがこの本の結論ではない。外的要因によって人格が形成されるなら、犯罪行為の責任はどこにあるのか?利己行為・利他行為のモチベーションは?etc...etc...

「人は外的要因によってのみ決定される」と仮定することで、人間とは何かを問う思考実験的な本だった。最近アンドロイド(ロボット)関連の本も読んでいるので、より興味深く感じた。

 

トウェイン完訳コレクション 人間とは何か (角川文庫)

トウェイン完訳コレクション 人間とは何か (角川文庫)

 

 

(おわり)

 

   

タイトルに異議あり【読書感想文】『サイエンス異人伝』荒俣宏/講談社ブルーバックス

   

 

f:id:catrabbitnekousagi:20171229202321j:plain

【紹介】

科学者の奮闘の歴史をたどる(背表紙より)

近代科学について書かれた本。

【感想】

サイエンス異人伝、とタイトルにあったので幅広い時間軸をあつかうものだと思っていたら、近代の話だった。読み返してみると、イントロダクションにも近代を扱う旨が買いてあった。

人というよりはサイエンスの方が軸となって話は構成されていた。

偉人伝の短編集のようなものを想像していたので少し残念。

 

サイエンス異人伝 科学が残した「夢の痕跡」 (ブルーバックス)

サイエンス異人伝 科学が残した「夢の痕跡」 (ブルーバックス)

 

 

(おわり)