猫兎ライフ

美味しい食べ物にうまい酒、面白い本に楽しいゲーム、それさえあれば幸せです。

近年稀に見るコアでバカなアニメ【アニメレビュー】『ばくおん!!』

   

 

f:id:catrabbitnekousagi:20170813102824p:plain

【紹介】

女子高生がバイクに憧れ、免許を取って、バイクを買って、ツーリングに行って・・・という内容のアニメ。

【感想】

まず取り扱っているテーマが非常にニッチ。いまどきバイクに乗っている人なんてどれくらいいるのだろうか?そもそも免許も取れない16歳未満にはほとんど関係のない話題だ。古いバイクも登場するし、カスタムの話とかメーカーの話とか、コアな内容に初心者はついていけてないと思う。(スズキの扱いがウケる。確かにスズキ乗りには変な奴が多い。)

バイク愛と細かいところのクオリティは素晴らしい。バイク乗りでなければ分からない描写がたくさんある。エンジン音も実物からのサンプリングだと思う。

ライダーなら観るべき。それ以外の人にはお勧めできないアニメだった。

↓原作は漫画。 

ばくおん!! 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス)

ばくおん!! 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス)

 

 

(おわり)

 

   

意外と重いテーマ【読書感想文】『モモ』ミヒャエル・エンデ/岩波少年文庫

   

 

f:id:catrabbitnekousagi:20170812111126j:plain

【紹介】

ミヒャエル・エンデによる児童文学の名作。

【感想】

この作品を知ったのは、ゼノサーガが理由。モモの元ネタが確かこの本だったはず。それくらい、後世の作品にも影響を与えている名作。

いつの時代か、どこの場所かも確かではない街を舞台に、主人公の女の子と住民が交流するところから物語は始まる。のほほんとした雰囲気で話は進むが、途中から一気に重くなる。「時間泥棒」こと灰色の男たちが登場し、世界は一変する。

児童文学という割には文量が多く、テーマも重い。人にとって時間とはなんなのか、豊かさとはなんなのかを考えさせられる作品だった。大人でも十分楽しめる内容だった。

人生でいちばん危険なことは、かなえられるはずのない夢が、かなえられてしまうことなんだよ。いずれにせよ、ぼくのような場合はそうなんだ。ぼくにはもう夢がのこっていない。(ジジ/本文より)

 

モモ (岩波少年文庫(127))

モモ (岩波少年文庫(127))

 

 

(おわり)

 

   

スケキヨ【読書感想文】『犬神家の一族』横溝正史/角川文庫

   

 

f:id:catrabbitnekousagi:20170812100644j:plain

【紹介】

白いマスクと湖面から突き出た足のスケキヨが有名な、横溝正史のミステリー小説。主人公は金田一耕助。

【感想】

※スケキヨイメージその1

f:id:catrabbitnekousagi:20170812101026j:plain

※スケキヨイメージその2

f:id:catrabbitnekousagi:20170812101040j:plain

タイトルと、スケキヨのイメージだけは知っていた小説。有名なので、いつか読みたいと思いつつ、買ってからしばらく放置していた。積読本がありすぎるのも考えものだ。

久しぶりにコテコテな第三者視点の本を読んだが、おもしろかった。第三者視点の文章は不自然になったり、ミステリの場合はネタバラシの範囲が難しいものだが、読みやすい文章でバランスも良かった。最後の最後まで、分かりそうで分からないトリック(偶然?)だった。

タイトルだけ知っていて内容を知らない本はまだまだたくさんあるので、これからも有名どころの本を読んでいきたい。

 

金田一耕助ファイル5 犬神家の一族 (角川文庫)

金田一耕助ファイル5 犬神家の一族 (角川文庫)

 

 

(おわり)

 

   

胸熱あり、胸糞あり【アニメレビュー】『ソードアート・オンライン』

   

 

f:id:catrabbitnekousagi:20170806135410p:plain

【紹介】

完全VRのオンラインゲームからログアウト不可能となり、ゲーム内で死んだら現実でも死んでしまうという内容のお話。

【感想】

ゲーマーなら誰もが一度は夢想する「ログアウト不可」のゲーム。ログアウトができず、ゲーム内での出来事が現実にも影響を与えるという設定は、どこがオリジナルなのだろう?私がこの手の設定に初めて出会ったのは、PS2の「.hack」だった。

詳しい説明は省くとして、ソードアートオンラインは胸熱あり胸糞ありの良いアニメだった。主人公が二刀流に覚醒したり、最強の味方が実は最悪の敵だったり、胸糞の下衆野郎がバッサリと成敗されたりする。

フェアリィ・ダンス編の茅場との再開シーンも好きだが、「死んだら死亡」という緊張感があったぶんアインクラッド編の方が好き。スゴーの下衆っぷりも逆に清々しくて好き。

 

ソードアート・オンライン Blu-ray Disc BOX(完全生産限定版)

ソードアート・オンライン Blu-ray Disc BOX(完全生産限定版)

 

 

(おわり)

 

   

鎌倉の隠れた名所『鎌倉ふくろうの森』(お触り可)

   

 

f:id:catrabbitnekousagi:20170806104736j:plain

【紹介】

鎌倉の小町通りにある、フクロウと触れ合うことのできるスポット。

【感想】

鎌倉にこんな場所があるとは知らなかった。怪しげなビルの一室にフクロウがいる。

f:id:catrabbitnekousagi:20170806115938j:plain

室内の随所にある止まり木に、フクロウが繋がれている。慣れているフクロウには触ることもできる。フクロウをここまで間近に見て触ったのは、生まれて初めてだ。

f:id:catrabbitnekousagi:20170806120814j:plain

ミミズクもいる。

f:id:catrabbitnekousagi:20170806122640j:plain

メンフクロウもいる。

f:id:catrabbitnekousagi:20170806123308j:plain

これにそっくり。

入館料は大人1人700円するが、お値段以上の体験ができる。

 

(ちなみに、おなじく小町通りにある猫のいるレストランには絶対に行くべきではない。臭い上に猫の毛が散乱していて不衛生極まりない。飯も酒もおいしくなかった。鎌倉に行くことがあったら、注意してほしい。)

 

(おわり)

 

   

ふぁいと一発【レビュー】『リポビタンD』大塚製薬

   

 

f:id:catrabbitnekousagi:20170806101545j:plain

【紹介】

大塚製薬の栄養ドリンク。指定医薬部外品。

【感想】

時々リポDを飲みたくなる。私は栄養ドリンクの味が大好きだ。あの濃厚な味は、効いている気がする。

エナジードリンクより安いのもまた良い。そして医薬部外品なので効能も高いはず。

 

大正製薬 リポビタンD 100mL×10本 【指定医薬部外品】

大正製薬 リポビタンD 100mL×10本 【指定医薬部外品】

 

 

(おわり)

 

   

ニンテンドースイッチを欲しくなる理由【読書感想文】『影響力の武器』ロバート・B・チャルディーニ/誠信書房

   

 

f:id:catrabbitnekousagi:20170727193111j:plain

【紹介】

セールスパーソンや宗教指導者などが、他人を動かすために使用しているテクニックを科学的に解説した本。

【感想】

ニンテンドースイッチが欲しくて欲しくて、たまらなくて、毎日のように店頭と通販サイトを訪れ、転売価格のスイッチにも心がなびきかけた頃、この本を読んだら物欲はおさまった。そこまで欲しくなかったニンテンドースイッチがいつのまにかとても欲しくなっていた。その原因がこの本で明かされる。

〈第3章 コミットメントと一貫性 ー 心に住む小鬼〉

ひとたび決定を下したり、ある立場を取る(コミットする)と、自分の内からも外からも、そのコミットメントと一貫した行動をとるように圧力がかかります。(本文より)

 心当たりがある。一度スイッチを探しに店に行くと、それが習慣になり何度も足を運ぶようになってしまった。求めれば求めるほど、物欲は高まっていった。

〈第4章 社会的証明 ー 真実は私たちに〉

特定の状況で、ある行動を遂行する人が多いほど、人はそれが正しい行動だと判断します。(本文より)

インターネットが発達した現代では、SNSを見れば大量のスイッチ難民がいる。他の人も必死に探しているならば、と休日の抽選販売に参加したり、ツイッターの情報に張り付いたりもした。しかし、最初の頃はそこまでするほどスイッチが欲しかったわけではない。

〈第7章 希少性 ー わずかなものについての法則〉

手に入りにくくなるとその機会がより貴重なものに思えてくる(本文より)

 人は数が少ないものを求める生き物だ。人間社会において、数が少ないものは貴重で価値が高い。金やプラチナが良い例だ。レアなものはどうしても欲しくなる。スイッチ発売当初の在庫が十分にあった時期には見向きもしなかったが、品薄になり始めた頃から気になり始めた。

 

とっさの判断に迷って機会を逸しないように、ヒトの状況判断の一部は自動化されている。その人間の習性を利用したあの手この手の影響力の罠が世の中には溢れている。欲しくないものが急に欲しくなったり、本来の意思に反してなにかをさせられそうになったら、要注意だ。なんらかの”影響力”が働いている可能性を疑うべきだ。

あまり大きい声じゃ言えませんが、今日Amazonでスプラトゥーン2セットのSwitchを定価で買うことができました。ありがとうございます。

 

影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか

影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか

 

 

(おわり)