猫兎ライフ

美味しい食べ物にうまい酒、面白い本に楽しいゲーム、それさえあれば幸せです。

Operation Shifting Tides 新オペ情報【レインボーシックスシージ】

www.youtube.com

次のシーズンで追加されるオペレーターの情報が明らかになった。

ボルトアクション式ライフルを装備し、炸裂弾を使用可能なKALI。

そして、投擲物を吸着処理するガジェットを使うWAMAIだ。

KALIのボルトアクションライフルは可変倍率で、胴体に当てれば1発ダウン。炸裂弾(?)は分類的にはソフトブリーチ。ただし、補強壁の向こう側にも効果が及ぶ。Thacherのような運用と、AshやZofiaの下位互換的な運用が想定される。

WAMAIはマグネット式のガジェットでグレネード等を文字通り吸着する。範囲内に投擲物が進入すると起爆までのカウントダウンはリセットされ、吸着されてから起爆することになる。Capitaoのクロスボウボルトも効果を受ける。無力化するわけではないので爆発ダメージを受けることもあるだろうが、攻撃側のフレンドリーファイアを誘発することもできる。さらにWAMAIはAUG A2を装備できる。グレネードを防ぐガジェットと強力な武器を装備しているので、Jagerに似たような感じ。

ThacherとJagerの互換オペレーターが追加された。2人ともヘビロテだったからね。お疲れさまって感じ。ボルトアクションライフルがこのゲームでどこまで通用するかは見もの。WAMAIはピック率高くなりそう。

(おわり)

ランクマやるなら今でしょ【レインボーシックスシージ】

f:id:catrabbitnekousagi:20191107221622p:plain

最近シージの調子が良い。GOLD2と3の間を行ったり来たりしていたのが、GOLD1で安定している。6連勝したり、MVPを何回も取ったりした。

しかし、俺Tueeeeeeと自惚れられるほど単純ではない。なんでかなー、と思ったけれど、あれだ。CoDMWだ。あっちに人が流れてるのかな。俺もCoDやってるけど、悪くないよ。あれ。シージ寄りと表現すべきか、走って撃ってというよりも慎重な立ち回りが要求される。

ともかく。シージのランクマやるなら今がチャンス。ガチやべー相手とマッチする確率も低くなってる気がする。

新しいシーズンの情報も出てきているので、ランクを上げたいなら今がチャンス。

(おわり)

軽量化【折り畳み傘レビュー】

 

 少し前に折り畳み傘を新調した。

かれこれ数年前にユニクロ(だったと思う)で購入した傘を使っていた。まだ現役で使えていて、どこかが壊れたというわけではなかったのだが、いかんせん重くて大きくて持ち運びに不便だったので、新しいものを買うことにした。

Amazonで買ったのが上の傘。ちょうどセールで安売りしていて、レビューが高く、軽くてコンパクトだというので購入した。

今まで使っていた傘が約300g。新しい傘は収納袋込みの実測で119g。半分以下になった。手に取ると明らかに違いが分かって感動するレベル。たかだか200g弱の軽量化とはいえ、毎日持ち歩くものなのでこの差は大きい。日々失われるエネルギー差を集計したら大した差になるのではないかと思う。

使い心地も十分以上で、小さいながらも一人で入る分には事足りる。雨も良くはじき、使い終わって一振りすれば雨粒はほぼ落ちる。干す時間を短縮できる。この前の台風で逆パカしたけれど、その後も問題なく使えている。

これはかなり良い傘だ。コスパ高い。日常使いするものだけに、恩恵は大きい。

(おわり)

文句なしのハッピーエンド!【映画レビュー】『JOKER』

 

冴えない道化師(ピエロ)を生業とする男、アーサー。

病弱な母と支えながら、自分の仕事に誇りを持ち、夢を抱き続ける男だ。

しかし現実はあまりに厳しい。

テレビのショーに出ることを夢見ながら、現実はしがない店頭での宣伝などをやって生計を立てている。お世辞にもコメディアンの才能があるとは言えない。チンピラに絡まれて路地裏で袋叩きにあい、同僚にはめられて大好きな仕事を失い、バーのショーでは失笑を受ける。予算の都合で公的機関のカウンセリングも受けられなくなる。夢であるテレビで紹介されたかと思えば、ただのさらし者だった。そして母すらももはや信じられる存在ではなくなる。

もう本当に救いが無い。無さすぎる。誰も助けてくれない。誰も味方になってくれない。

 

でもね、最後はね、ハッピーエンドだと俺は思うんだ。だってアーサーはアイデンティティを手に入れたから。

誰にも見向きもされず、蔑まれ、見下されてきたアーサーは、JOKERになることができた。テレビに出れて、みんなが注目して支持してくれる。みんながJOKERの真似をする。形は違えど、夢にみた最高の道化師だ。そしてアーサーは心から笑っているように見えた。階段を踊りながら下りるシーンはとても印象的。足取りは軽く、今にも飛び立ちそうなほどルンルンしている。

良かったね!アーサー(^^♪

 

文句の付けようがない最高の映画だった。よく話題に上るホアキン・フェニックスの演技最高。あの”笑い”とかついマネしたくなっちゃうよね。救いのないストーリーも最高。

ダークナイトのジョーカーは無機質で狂気に漬かりきった感じがよかった。今回のジョーカーは追い詰めれれて吹っ切れて闇落ちした感じ(?)がしてこれもまたよい。

一見の価値あり。もう一回観ようかしらん。

wwws.warnerbros.co.jp

(おわり)

投資対象としてのお酒

f:id:catrabbitnekousagi:20191021220324j:plain

生まれて初めてお酒を買った。飲むためではなく、投資対象として。

といっても大した酒を買ったわけではない。ニッカブラックディープブレンドナイトクルーズだ。2019年限定。1本2000円くらいのを2本買った。購入時点でプレミアがついており、1本3000円の値が付いていた。売れば儲かるんじゃね?という安易な気持ちで買った。普通に飲んじゃうかもしれない。

ところで、投資対象としてお酒は悪くない選択だと思う。このお酒のように限定生産されたものは、飲めば減っていく一方なので希少価値は時とともに上がる。

そして保存が可能。お酒には消費期限がないものが多い。蒸留酒は基本劣化しないし、ワインのような醸造酒はむしろ経年で価値が上がる。ロマネコンティとか買って保存しとけば数年後には丸儲けじゃないかと思う。

価値も普遍で不変だ。酒は古来から人類とともにあった。酒がない文明というのも聞いたことがない。何年、何十年と時がたってもお酒が社会から消えることは無いだろう。健康上の理由から酒を禁ずる法律ができたとしても、アンダーグラウンドなルートで高く売れるかもしれない。

(おわり)

長生き対策【読書感想文】『LIFE SHIFT ライフシフト』リンダ・グラットン/アンドリュー・スコット著

f:id:catrabbitnekousagi:20191015211602j:plain

「100年時代の人生戦略」

寿命が延びて100歳まで生きるのが当たり前になりつつある中、長寿をどう受け入れ対応していくべきかが書かれた本。

この本の内容はざっくり以下の3点。

①寿命は確実に伸びる

②これまでの人生設計は通用しなくなる

③老後を悲観せず新たな生き方を模索する必要がある

 

まず①の寿命について。寿命が確実に伸び続けていることは、データを基に説明されている。本文中にはまさに右肩上がりのグラフが載っている。2014年に生まれた子供の半数は109歳まで生きるのだそうだ。

 

②の人生設計について。寿命が延びるのだから、60まで働いて年金を受け取って70~80歳で死ぬという過去のモデルが通用しなくなるのは当然といえば当然。国の年金制度もみんなが100歳まで生きる想定では設計されていないだろうし、長生きする分個人の貯蓄が必要になるのも当然。

 

③の新たな生き方について。寿命が延びてお金が足りないと聞くと悲観的になるが、悪いことばかりでもないらしい。健康寿命も延びるからだ。人生の持ち時間が増えるということを意味する。仕事を長く続けてもいいし、別の仕事を探したり、起業や資産運用という選択肢もある。

 

この本は確実に訪れる長寿社会を考えるうえで大変参考になった。老後に2000万円必要とかで一時期大騒ぎになったが、あんな数字に大した意味は無いとも思えるようになった。老後にいくら必要かなんて、人によって違うからだ。

いくら稼げるか?所得はどの程度のペースで伸びていくか?貯蓄や投資の利回りはどの程度か?勤労人生を通した所得の状況はどうか?子どもを何人つくるか?どのくらいお金があれば、幸せを感じられるか?子孫にどのくらい遺産を譲り渡したいか?(本文より)

いわゆるライフプランというやつだ。家を買ったり出産や子供の就学がメインになりがちのライフプランも、今後は老後もちゃんと考える必要がありそうだ。子供を育てて仕事を引退したら人生終わりではない。その先が長くなってきているのだ。

日本には高齢化に加えて少子化という問題もある。寿命が延びること自体は問題ではないが、少子化は大きな問題だ。将来の働き手の絶対数が減っていく。しかしAIやロボットの技術が発達しているのもまた事実。終身雇用的な従来の働き方が過去のものになったというのも言われて久しい。

将来どうなるのかは、誰にもわからない。わからないからこそ、現実と向き合って自分のことは自分で考えていかなければならないと感じた。

 

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

 

 

(おわり)

狂ってやがる【レビュー】『』ガリガリ君リッチ たまご焼き味』赤城乳業

f:id:catrabbitnekousagi:20191009220128j:plain

たまご焼きがアイスになった、なんとも狂ったコンセプトの商品。

 

f:id:catrabbitnekousagi:20191009220442j:plain

見た目は真っ黄色。たまご焼きに見えないこともない。

 

f:id:catrabbitnekousagi:20191009220535j:plain

ちゃんとたまご焼きの味がする。本当に卵が入っているというのだから驚きだ。

まあ、おいしい。

(おわり)