猫兎ライフ

美味しい食べ物にうまい酒、面白い本に楽しいゲーム、それさえあれば幸せです。

夏バージョンのレッドブル

f:id:catrabbitnekousagi:20200626220606j:plain

 レッドブルに限定バージョンが出ていたので買ってしまった。サマーエディション。トロピカルフルーツ的な味がする。おいしい。

エナジードリンクなんてどれも似たようなものと知りつつも、新商品が発売されるとつい手に取ってしまう。悪い癖だ。

指定医薬部外品のリポDとかの方が効きそうな気がする。

 

 

(おわり)

マッツよければすべてよし。映画『ポーラー』感想

f:id:catrabbitnekousagi:20200618234112j:plain

ネトフリで「ポーラー」を観た。マッツ・ミケルセン主演。

引退間近の暗殺者が主人公。この時点で漂うジョン・ウィック感…。後半CQBの殺陣のシーンとかあるし、意識はしていると思う。犬も出てくるし。犬はジョン・ウィックへのオマージュだろうね。飼ったその日に寝ぼけて撃ち殺しちゃったけどね(テヘペロ。

内容的には、まあ微妙だったんだけど。マッツの格好良さが全てを帳消しにしてくれている。

 

まず冒頭の暗殺シーンがお粗末すぎる。狙撃手は100mも離れていないような場所に、偽装もせず、高所に位置取りもせず、大仰な狙撃中を構えている。あの距離なら小銃のアイアンサイトで十分だと思うんだけどな。

色仕掛け担当の女がいて、別働の2名も接近する。ここで疑問が浮かぶ。狙撃や色仕掛けは、警護が厳しいとかで正面からの暗殺が難しい場合に用いられる手段のはず。普通に標的に近づけるなら正攻法で殺せばいい。なんでこんな煩雑な手段を取るのか意味不明。趣味か。趣味だな。うん。それに、仲間が近くにいる状態で狙撃をするのもプロの仕事とは思えない。このあと、このアマチュアたちは案の定マッツに瞬コロされるんだけどね。マッツが格好良かったから、まあ許そう。吹雪の中、全裸で銃を構えるマッツ。

 

雰囲気に統一感が無かったのもマイナスだな。マッツを追う暗殺チームのシーンはポップな感じで、マッツの登場シーンはダークで渋い感じ。それらの対比を楽しめるような演出は無く、ただただ浮いてしまっていた。マッツパートが格好良かったから、まあ良いんだけどさ。

 

あと、マッツ(劇中の名前忘れた)の通り名が「ブラック・カイザー(黒の皇帝)」ってw中二病かよwww。まあ、髭・眼帯のマッツが性癖ドストライクだったから良かったものの。グローブ型のデバイスで機銃掃射したシーンも厨二感満載。

 

マッツが女に銃をプレゼントしたり、学校でククリナイフの使い方を子供たちに教えるシーンもしっくりこなかったな。超一流の暗殺のプロが、自分の素性がバレそうなことをひけらかしたりするものだろうか?まあマッツが(以下略

 

結論

マッツよければすべてよし。

(おわり)

BOSSのエナジー

f:id:catrabbitnekousagi:20200617230942j:plain

IRON BOSS(アイアンボス)を飲んだ。

缶コーヒーのBOSSのブランドだ。味はコーヒー味、ではなく普通のエナジードリンク味。BOSSがエナジードリンクって、もう何でもありだね。とりあえずエナジードリンクって言っておけば売れるという風潮はどうにかならんかね。新商品が出ているとつい買ってしまう。それが奴らのやり方か。

合成甘味料が使われていなかったので、味はヨシ。値段も割と安かった気がする。

(おわり)

原作こんなんだっけ?【映画】『ダークタワー』

 

ダークタワー (字幕版)

ダークタワー (字幕版)

  • 発売日: 2018/05/09
  • メディア: Prime Video
 

スティーブン・キングの同名小説を映画化したもの……らしい。

キングの小説が好きで、若いころよく読んでいた。ダークタワーシリーズも読んでいたが、長すぎて途中で読まなくなった。完結するまで30年近くかかったらしいね。

それが90分で映画化されてしまったのだから、あまりいい予感はしなかった。ダークで独特な雰囲気はある。が、他に観るべきものが無い。悪くはない。悪くはないのだが。特別ハッとさせられる演出があるわけでもなく、アクションが優れているわけでもなく、印象に残る演技があるわけでもない。

小説版を読んだのはかなり昔で、もうほとんど覚えてはいない。だがそれでも、なんかもっと、こう、設定とかいろいろあった気がするんだよな。

(おわり)

今日観た映画『CHAPPiE(チャッピー)』『オール・ユー・ニード・イズ・キル』

今日は休みなので、映画を2本観た。ネトフリ最高。

 

【チャッピー】

チャッピー  CHAPPIE (字幕版)

チャッピー CHAPPIE (字幕版)

  • 発売日: 2015/07/24
  • メディア: Prime Video
 

1本目はチャッピー。近未来(?)が舞台で、自律型のロボが警察で使われてたりする。研究者が独自に開発したAIを搭載したロボがギャングに奪われ、悪事を教え込まれながらも自我を得ていったりする。

真っ白なAIが、生まれた瞬間おびえるしぐさをできるものなのか?とか、身体の操作が上手すぎるんじゃないか?とか、突っ込みたくなる場面もややあったが、まあ面白かった。

途中、お涙頂戴的なシーンもあってウルっときたり。人間はロボにも感情移入できるんだなと、自分のことながら思ったりもした。

チャッピーは「悪いことはしない」と創造者と約束するが、結局ギャングの現金強奪に加担する。ナイフや手裏剣で相手を「眠らせてあげる」のだと、ギャングに教え込まれたのだ。AIの認知のスキを突くというのは、なかなかやるじゃないか。将来AIが現実に普及した時にも、認知の脆弱性は問題になるのではないかと思う。

ラストはまさかのチャッピーオチ。AIよりもむしろ、人間のゴーストを機械に移す技術の方がすごいと思うのだが。チャッピーはシンギュラリティを超えて人知を超えた技法を確立したということなのかな?

【オール・ユー・ニード・イズ・キル】

オール・ユー・ニード・イズ・キル(字幕版)

オール・ユー・ニード・イズ・キル(字幕版)

  • 発売日: 2014/10/29
  • メディア: Prime Video
 

これ好き。観るのは2度目か3度目くらい。ヤンジャンで連載してた漫画版が好きで、映画も観た。単純に言うとループもの。死ぬたびに時間が戻る。そのたびに次の一手を改善していく。ソウルシリーズをプレイしていると、しっくりくるかもね。死んで覚えていく感じ。トム・クルーズ主演の映画の中では、あんまメジャーではない気がする。隠れた名作。

(おわり)

MELUSI(メルシー)のスキル・武器【R6S】

f:id:catrabbitnekousagi:20200521225926p:plain

【プライマリウエポン】

T-5 SMG(SMG)、SUPER 90(SG)

【セカンダリウエポン】

RG15(HG)

【ガジェット】

C4、インパクトグレネード

【スキル】

バンシーソニックディフェンス

展開型の防弾ガジェット。音で射程範囲内の敵の動きを鈍らせる

 

役割は、妨害。

【使い方】

MELUSIは展開型の移動速度を低下させるガジェットを使用する。設置しておけば、効果範囲内に敵が入ると自動で作動する。

防弾仕様なので、破壊するためには爆発物を用いるか、近接攻撃をする必要がある。移動速度が低下するので、SMOKEやGOYOのガジェットと組み合わせると効果的。また、範囲内に敵が入ると作動する仕組みを利用して近接感知ツールとして使用し、あらかじめ床下に仕込んだC4を起爆させるような使い方も登場した。

エイムの速度は影響を受けないので、油断してると返り撃ちにあう。

武器はLESIONも装備している連射速度が高いT-5を使えるのが強い。スピード3なので遊撃にも向いている。ソニックディフェンスは目標の防衛にも、遊撃の補助にも有用だ。設置型で自動式なので、なにしろ使い勝手が良い。

現状目立った欠点が無い便利過ぎるガジェットなので、調整が入るのではないかと噂されている。

(おわり)

フタが外れちゃったのかと思うほどのニボシ量『煮干らーめん 紫乱』【横浜市・港南区・上大岡駅】

f:id:catrabbitnekousagi:20200601151053j:plain

上大岡駅近くの煮干しラーメン屋に入った。煮干しらーめんを注文。

でね、出てきたのが上の写真のラーメン。もうね、スープがね、ニボシ粉でどろどろなの。塩なのか、醤油なのか、なんなのか…。ニボシの風味を通り越して、もはやちょっと苦い。ニボシ粉を振りかける時に、フタが外れちゃったのかな?

オマール海老ラーメンというのもあった。そっち頼めば良かったかも。

f:id:catrabbitnekousagi:20200601152019j:plain

カウンターには「にぼ酢」なる珍妙なアイテムが。にぼしの脳を使った生体USBメモリを思い出した。ここの店主は脳がにぼしに侵されてしまっているのかもしれない。

(おわり)