猫兎ライフ

美味しい食べ物にうまい酒、面白い本に楽しいゲーム、それさえあれば幸せです。

武士の絵日記【読書感想文】『武士の絵日記』大岡敏昭著/角川ソフィア文庫

f:id:catrabbitnekousagi:20201120230349j:plain

江戸時代の下級武士が書いた絵日記が紹介されている。当時の生活の様子がよくわかる。

武士はよほどヒマらしく、しょっちゅう飲み歩いていた。寺の人や、町人との付き合いも広いようだった。雨の日は1日中寝転がって本を読んだり、猫がいたり、囚人を連行中の役人が昼から酒を飲んだり。かなりおおらかな生活だったことがうかがえる。

絵日記の絵はヘタウマ感があって良い。

家屋の間取り図も紹介されている。

資料としても読めるし、純粋に読み物としても面白い。

 

 

(おわり)

久々にシージをプレイしたら、いろいろ変わっていた。

最近ずっとAPEXばかりプレイしていた。

そろそろシージに新しいシーズンが来そうなので、久々にプレイした。まあ、前プレイしてから間が空いているので、いろいろ変わっていた。

まずサイトね。1.5倍とか2倍スコープとか、新しいデザインのホロサイトが追加されてたりした。選択肢が増えたので、銃をいじる楽しみも増した。そして1.5倍スコープが使いやすくて良い。新しいホロサイトは格好良い。P90がHSしやすくなったのは気のせいだろうか?気のせいだな。うん。リコイルコントロールできなくて、上に跳ねてるだけだなあれは。

あと山荘マップが変わってた。まだ1回しか山荘当たってないから、全然分からんね。そして分からんまま次シーズンを迎えるという。

次のシーズンはもっと色々変わるっぽい。メインのガジェットの挙動が変わるオペがいたり、セカンドガジェットの編成も変わる。展開シールド持ちが減らされるっぽい。タチャンカの超絶強化も来るのかしら?

 

それにしても、シージの民度というかプレイヤーの質というかは、本当やれやれだね。チャットで「このオペ使うな」とか言ってきたり、なんか喧嘩始まったりしてるし。やれやれ。まあブランク開けランクマで0キル戦犯ぶちかましてる俺が悪いんだけどね(笑)。全くキルできる気がしなかった。那谷蜘蛛山後の伊之助みたいな心境だった。「ゴメンネ、弱クッテ」

f:id:catrabbitnekousagi:20201117234649j:plain

 

オペレーターの紹介記事を最近全く更新してないけど、新シーズン来たらまた更新しようかななどと考えている。

catrabbitnekousagi.hatenadiary.jp

 

(おわり)

 

結婚コンサルタントの言うことなんか聞いていたら、一生結婚できない。

なんかツイッターで、「男は30歳過ぎたらロレックス」だとか「回転寿司のマグロはアカマンボウ」だとか言っていて、やれやれだなぁと思っていた。聞けば結婚コンサルタントのツイートだという。

時計の趣味なんて人それぞれだし、Gショックでも1000円のチープウォッチでもモテる時はモテる(実体験)。回転寿司に何を求めているのか知らないけれど、どんな食事でも一緒に楽しめる相手の方がよほど素敵だと思う。

結婚の形、幸せの価値基準は人それぞれなのだから、なんと犬のクソほどの価値も無いツイートだなと思ったりした。

最近流行りの炎上商法なのかとも考えたが、根はもっと深いのではないかと思い至った。結婚コンサルタントは、顧客を結婚させる気は無いなと。

結婚コンサルタントは、結婚できない人にあれやこれやアドバイスする商売だ(実際は知らんし興味もないけど)。めでたく結婚に至ったら、客はそこで離れてしまう。お金が入ってこなくなる。客が結婚せず、ずっとコンサルタントしている方が、儲かるようになっている。だから、生かさず殺さず、アドバイスはするけれど結婚はできない状態をキープするのが最適解となる。

客は結婚したいけれど、結婚コンサルタントは結婚させたくない。利害が一致していない。これは結構重大な構造的欠陥ではないかと思う。

ワザとモテないように誘導しているのだとすれば、ロレックスのツイートも納得。結婚コンサルタントのアドバイス、みたいなのをたまに見かけるけれど、どれも的外れでトンチンカン。典型的な情弱ビジネスで、傍から見てるこっちが辛くなる。突飛なことをツイートして注目を集める手法は、新興宗教やカルトに通じるものさえ感じる。

 

結婚したいなら怪しいコンサルタントなんか頼らずに、お見合いでもした方が良いんじゃないかと思う。今の時代お見合いなんてまだあるのか知らんけど。

モテるためにオススメの方法はあるにはあるんだけど、あんま言いたくないんだよなぁ…。ただ、オープンソース(ネットとか市販本)にも有益な情報はたくさんあるので、結婚コンサルタントだけはやめとけと言いたい。怪しさしか感じない。

(おわり)

APEXシーズン7開幕!!!ホライゾンの感想とか、新マップの印象とか。

f:id:catrabbitnekousagi:20201108230305p:plain

基本プレイ無料のバトロワFPS「APEX LEGENDS」の新シーズンが開幕した。

新マップ「オリンパス」の追加、新レジェンド「ホライゾン」の追加、ケアパケ武器の変更、各レジェンドの調整、などがあった。

ホライゾンは強いのかどうかよう分からん。スキルはプレイヤーを浮かせるグラビティリフト。ウルトは重力発生装置(?)。浮いてる間はエイム通りに弾が飛ぶのが嬉しい。ジップラインとは仕様が異なるようだ。基本動けないから(動くと落ちる)敵の的になるのは難点といえば難点か。そういえばミニガンぶっ放しながら空を飛んでるランパートがいたんだけど、あれはグラビティリフトの効果?それともグリッチ?

新マップはさわやかな雰囲気で、好き。空中都市だ。人工の建築物なので、平たんな地形が目立つ。丘があっても傾斜は緩やか。

トライデントという3人乗りのビークルが追加されたので、マップもそれに合わせて作られている。具体的に言うと、開けた場所が多く、通路的な場所もそれなりの広さがある。

開けた場所が多くなるので、機動力のあるレジェンドが有利になるのではないかと思う。パスファインダーとか、オクタンとか。この2人は上方修正が入っているので今シーズン活躍するはず。開豁地では、遮蔽物で射線を切れるジブラルタルとかランパートが重宝しそう。チョークポイント(隘路)は減った感じがするので、コースティックやワットソンは微妙かな。

開けた場所が多いし、通路も広めなので射線が通りやすいので、武器は遠距離系が活躍しそう。てか活躍してる。今期の推し武器はG7スカウト。中~遠距離で活躍するセミオートライフル。単発ダメ高めで、スナより連射できるのでキルも取りやすい。ライトアモは元々たくさん落ちているし、R-99の復活でライトアモ持ちも多いので弾薬補給にも困らない。弾を節約したいランクでも頼りになる。

今お気に入りの武器編成は、R-301とG7。

(おわり)

「あのオジサン」の正体

「あのオジサン」知ってる?

平日の昼間から。

ランニングシャツ、短パン、サンダルで。

暇そうにウロウロしてるオジサン。

見かける度に、働けよオッサンと思う。

この前そのオジサンと接触する機会があったので、その正体が分かった。

あいつら、地主とかビルのオーナーとかなのね。働く必要が無いから暇そうにウロウロしているという。

駅近のデカいビルの近くでウロウロしてるオジサンがいて、不審者かなと思って見てたらオーナーだったし。小さい畑を手入れしてるおっさんはそこら一帯の地主っぽかった。

暇そうなオジサンだからと侮ってはいけない。

(おわり)

学校では教えてくれなかったヤバい歴史『日本のいちばん長い日』

 

日本のいちばん長い日

日本のいちばん長い日

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

なんか古そうな映画があったので、観た。「日本のいちばん長い日」だ。原作は半藤利一氏のノンフィクション。

大東亜戦争末期、ポツダム宣言が傍受されてから8月15日の終戦の玉音放送に至るまでが描かれている。

学校で習った終戦の流れでは、日本はポツダム宣言の内容が受け入れられずなかなか受諾しなかったが、原爆の投下や天皇陛下のご決断により、割とスムーズに終戦に至ったというイメージがある。

ところがどっこい。全然スムーズじゃないし、下手をしたら戦争が長引いて被害は拡大していたかもしれなかったのだ。

恥ずかしながら、宮城事件というものをこの映画で初めて知った。終戦に至ろうという大事な時期に、青年将校らによるクーデター未遂事件があったのだ。未遂とはいえ、近衛師団長は殺害され、宮城(皇居)は近衛歩兵第二連隊によって占拠された。

歴史の大筋ではないから、学校教育ではこういうの端折られちゃうのかね。戦争関連の本は割と読んでるつもりだったけど、この事件は知らなかった。

ところで玉音放送の音源は、宮内庁のHPにあるよ。(終戦の玉音放送 - 宮内庁

映画としての「日本のいちばん長い日」はどこか既視感があった。「シンゴジラ」だ。シンゴジラが日本のいちばん長い日に寄せてたんだけどね。画面に場所とか役職を説明する文を表示したり、役者のアップを多用したり。編集はテンポが良くて、観ていてダレない。役所手続きの煩雑さとか、映画で見る分には楽しい。

2015年にリメイク版が出ているが、あまり観る気にはならない。

(おわり)

学術会議は、廃止もしくは民営化した方が良いと思う

www3.nhk.or.jp

 

国会が始まった。

菅総理には期待している。菅政権になってから、スピード感がある。行政手続きのハンコレス化とか、地味だけど嬉しい仕事をしてくれる。

国会で、学術会議が話題になった。会員の任命拒否をしたことで、違法だとか学問の自由を侵しているとか批判されている。

それらの批判は、全くの見当違いなんだけれどもね。

本件以前に学術会議の存在を知っていた人は、はたしてどれほどいただろうか。国民の大半は名前すら聞いたことがなかったであろう。恥ずかしながら、俺もそのひとりだ。

いろいろな論点があるので俺の考えを整理する。

Q.総理による任命拒否は違法か?

A.違法ではない。

学術会議は政府機関だ。行政府の長たる総理大臣が、会員の任命を拒否してなんの問題があるだろうか。

会員は、第十七条の規定による推薦に基づいて、内閣総理大臣が任命する。(日本学術会議法第三章第七条2よりhttp://www.scj.go.jp/ja/scj/kisoku/01.pdf

確かに、学術会議の推薦に基づき任命すると法律には書いてある。しかし無条件に任命すべしとは書いていない。税金が投入される政府機関の人員をノーチェックで選出するのは、納税者として見過ごせない。

Q.学問の自由の侵犯。違憲か?

A.違憲ではない。

学問の自由は、研究・講義などの学問的活動において外部からの介入や干渉を受けない自由。(Wikipediaより学問の自由 - Wikipedia

Wikipediaが正しいのかどうかは知らないが、この認識で概ね合っているのではないかと思う。好きなことを勉強することができる自由だ。学術会議の会員の任命拒否は、全く関係が無い。違憲とか騒いでいる人は、いったい何を言っているのだろう?

特定の分野の研究を禁止したり(例えば軍事とか安全保障とか)すると、憲法違反ということになるのだろう。

Q.学術会議は必要か?

A.よくわからない。

学術会議なんて今回の騒動で初めて知ったから、普段何をやってるのかよくわからない。ただニュースを見ると、「答申」や「勧告」を10年以上もしていないそうだ。最近1年で80件超の「提言」や「報告」はしているらしいが、「これといったものは特にない」というby政府高官。(参考:学術会議、浮かぶ「民営化論」 検証進める政府、自民は根本議論

 

仕事してるのかしてないのかよく分かんないし、人員の選定方法にも問題はありそうだし、違法だ違憲だと騒ぎだすし……。

こんな組織に俺の税金を使わないでほしいんだよなぁ。アメリカとかイギリスの同様の組織は民間でやってるという。(日本学術会議のニュース一覧 | NHKニュース)。政府に干渉されずにやりたいなら、民営化してしまえばよい。

大半の国民は学術会議に必要性を感じていないと思う。任命拒否に関しても、問題視しているのはメディアと野党だけじゃないのか。

もういろいろ面倒くさいし、学術会議は廃止してしまえばいいと俺は思っている。

(おわり)