猫兎ライフ

美味しい食べ物にうまい酒、面白い本に楽しいゲーム、それさえあれば幸せです。

初心者のための「閃光のハサウェイ」ガンダム解説

f:id:catrabbitnekousagi:20211017133410p:plain

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』公式サイト


【サブスク解禁】

10月16日、「機動戦士ガンダム閃光のハサウェイ」が各動画サイトで配信開始した。

ストーリー的には宇宙世紀という大きな流れの中での話なので、過去作を観ていればより理解が深まるが、これをシリーズ初見で単発で観ても十分以上に楽しめるクオリティのアニメだ。映像の綺麗さ、声優の名演、ロボの格好良さ、音楽の盛り上がり、どれも素晴らしい。

とはいえ、ちょっとは知識があったほうが楽しいし、劇中疑問に思う箇所も出てくると思うので、ガンダム初心者向けに人物とか用語とかの解説のようなものを書こうと思う。

 

基本は作品内の登場順に解説する。

 

【解説】

〈シャア・アズナブル〉

元ジオン公国軍人。ジオン公国が地球連邦からの独立を目指して戦った一年戦争時には、「赤い彗星」の二つ名で恐れられた。通常の3倍のスピード、と言えばこの人。機動戦士ガンダム THE ORIGIN シリーズでは、シャアの壮絶な過去も描かれている。

シャア・アズナブルが生き返って人の思うことをしてくれる、って。(ギギ)

マフティーは、シャア・アズナブルの幽霊なんじゃないかってな(ガウマン)

〈宇宙世紀〉

宇宙移民が開始された年を元年とした暦。U.Cとも表記する。「閃光のハサウェイ」の舞台はU.C105年。

地球人口が増加し、人類は宇宙への移民を余儀なくされた。地球連邦政府と宇宙移民の間には軋轢が生じ、たびたび戦争や争いが起きてきた。

〈シャアの反乱〉

前述のシャア・アズナブルが、宇宙移民に対する抑圧を止めない地球連邦政府を粛清すべく、ネオ・ジオン軍を率いて起こした反乱。小惑星を地球に落とし、居住不可能な環境にしようとするも阻止される。この戦いでシャアは生死不明となる。機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

でなければシャアが起こした反乱も、あの時死んでいった人たちも慰められない(ハサウェイ)

〈ハサウェイ・ノアとブライト・ノア〉

ハサウェイ・ノアは本作の主人公。ブライト・ノアはハサウェイの父親。

ブライトは1年戦争時、新鋭戦艦であるホワイトベースの艦長として部隊を指揮し、地球連邦の勝利に大きく貢献した。また、シャアの反乱時にはいち早くシャアの企図を察知し、小惑星アクシズの落下を阻止した。

父親のブライトが有名であるため、ハサウェイ・ノアの名を聞くと誰もが「あのブライト・ノアの…」と思うようだ。

君の想像通りだと思う(ハサウェイ)

僕はノア。ハサウェイ・ノアだ。(ハサウェイ)

お父上は宇宙軍独立13部隊ラー・カイラムの艦長、ブライト・ノア大佐(ヨクサン)

有名人だな。ブライト・ノアの息子だ。(ガウマン)

〈ニュータイプ〉

人類の革新。宇宙に出た人類は、新たな能力を獲得し、他人と分かり合えるようになると言われる。

しかし、パイロット適性の高さや未来予知など、軍事面での能力ばかりが注目され危険視されるようになる。一年戦争時のエースパイロットは、戦後軍の監視下に置かれ事実上の軟禁状態にされていた。

政府の公式見解としても、ニュータイプは存在しないことになっているようだ。

それがニュータイプってこと?(ギギ)

そんなのはいないよ。学校で教えられたろ(ハサウェイ)

〈クェス・パラヤ〉

かつて、ハサウェイが思いを寄せていた少女。ハサウェイの目の前で敵に寝返り、戦いの中で自ら殺めてしまったことが未だにハサウェイの心に影を落としているようだ。(劇場版では目の前で被弾して死んだだけだが、小説版ではハサウェイ自身が手を下している)

クェス・パラヤと同じか(ハサウェイ)

そうだねクェス。それが君の答えなら、僕は変わるよ。変えてみせるよ。(ハサウェイ)

〈モビルスーツとミノフスキー粒子〉

ガンダムの世界に登場する人型のロボット兵器はモビルスーツと呼ばれる。人型をしているのには理由がある。ミノフスキー粒子だ。ミノフスキー粒子は、通信を妨害する。そのため、無線による通信、レーダーによる索敵や誘導ができない。

カメラをなるべく上方に設置して視界を確保し、目視照準によって敵を攻撃するために人型になっている。

時々モビルスーツ同士が手を繋いでいるのは、接触回線によって通信を確保するため。

このミノフスキー粒子下では完全でなくても近辺の艦船を経由してダバオに伝わる可能性はあります(ミヘッシャ)

〈アナハイム・エレクトロニクス〉

悪名高き軍需産業。モビルスーツとか造ってる。地球連邦軍にも兵器を卸しているし、マフティーにも兵器を売っている。金のためなら誰にでも兵器を売りつける。マフティー騒動で一番得をしているのは、アナハイムだろう。

過去には、アナハイムに紛れ込んだジオン残党のスパイの手引きによって、核弾頭ごとモビルスーツが強奪される事件も起きている。

今回は、同じミノフスキー・フライトを装備したモビルスーツを連邦とマフティー双方に渡している。自社製品の性能テストのつもりかもしれない。つまり、”やりやがった”ということだ。

あれが新型というやつなら、アナハイムはやりやがったってことだ(ハサウェイ)

〈ガンダム〉

一年戦争時、地球連邦軍が初めて実戦投入したモビルスーツRX-78が「ガンダム」と呼ばれていた。

特殊用途用(汎用型・核攻撃用・拠点防衛用)の試作機としてGP-01~03ガンダムが造られたり、アムロ・レイ専用機としてνガンダムが造られるなど、高性能な一点ものとして建造されることが多い。例外的に、型落ち部品で構成された量産機の陸戦型ガンダムが配備された部隊もあった(第08MS小隊)。

白ベースの塗装や、複眼、頭部のV字状のアンテナ等が外観の特徴だ。機動戦士ガンダムF91では、特別ガンダムとは命名されていない機体に勝手に「ガンダム」のコードネームが与えられるなど、時代が下るほどに象徴的な意味合いが強くなっているのかもしれない。

ガンダム…エース機ってわけだ(ハサウェイ)

ガンダムだと!(レーン)

〈平文〉

これはガンダム用語ではないが一応。暗号化されていない通信のことを平文と呼ぶ。敵に傍受されたら内容がバレバレなので、とても迷惑なのだ。

平文で援護の要請が入っているんだが…(イラム)

〈身構えている時には死神は来ないものだ〉

Ξガンダムが格納されたカーゴピサが狙撃され、死を覚悟したハサウェイ。その時に語りかけてきたのが、アムロ・レイだ。一年戦争時にRX-78ガンダムを操縦し、地球連邦軍を勝利に導いた英雄。

アムロもまた、シャアの反乱時に生死不明となっていた。

〈ミノフスキー・フライト〉

前述のミノフスキー粒子をなんやかんや上手いことして、揚力を発生させる技術。これにより、重力圏下でも自由な機動・長距離航行が可能となる。既存の技術ではあるが、これまでは戦艦や大型の兵器にしか装備することができなかった。

ミノフスキー・フライトか!?(レーン)

【免責】

ガンダムというのは非常に奥が深いし、俺自身そんなに詳しいファンではないので、間違ったことを言っていても許してほしい。知れば知るほど未見のシリーズとか出てくるし、映像化されてないシリーズもあるし、小説版とアニメ版で設定が違ったりもするのだ。

学べば学ぶほど、自分の無知が思い知らされる。

(おわり)

新型コロナウイルス、ワクチン接種の記録【1回目】

【当日】

・9:30 ワクチン接種

医者の腕が良かったのか、刺された時点で痛みや違和感は全く無し。

・昼 眠気

眠くなってきたので昼寝をした。

・夕方 腕の痛み

夕方から腕が痛み出した。この頃はまだ軽い痛み。

・夜 腕の痛み悪化

時間がたつにつれて痛みが悪化。夜には腕を上げるのがしんどいほどの痛み。

【1日後】

・朝~ 腕の痛み

昨日から続いて腕が痛んだ。

・14:00 発熱

37.2℃の微熱。30分後には37.4℃に上昇。

・14:30 眠気

眠くなったので昼寝した。

・16:00 発熱

体温は37.7℃に上昇。

・夜 頭痛

夜になると頭痛が加わる。はじめは頭が重いなぁくらいの感覚だったのが、はっきりとした痛みに変わっていった。腕の痛みは継続中。

・19:30 発熱

体温がさらに上昇。38.1℃に。

・20:00 ロキソニン服用

しんどくなったのでロキソニン服用。しばらくすると頭痛も腕の痛みもやわらぎ、身体がだいぶ楽になった。

【2日後】

・11:30 起床

眠気がひどく、起きたのは11:30だった。熱は下がって36.7℃。

・日中 倦怠感

日中は倦怠感が続いた。腕の痛みは和らいできたが、違和感と鈍痛はある。

・18:00 微熱

夕方になると再び発熱。37.0℃の微熱。

【3日後】

・8:30 起床

3日経ってもまだダルさはあるが、8:30には起きることができた。熱も下がり、腕もほぼ回復。

 

【感想】

ワクチン接種1回目は大したことないと聞いていたのだが、倦怠感と発熱が結構しんどかった。

基本ポカリをがぶ飲みしてた。

ゼリー飲料は正直必要なかったけど、せっかく買ったのでおやつ代わりにたべてた。

ロキソニンのおかげで熱のピークを乗り越えることができた。

(おわり)

【読書感想文】『ルワンダ中央銀行総裁日記』服部正也著

 

これは、アフリカ中央の小国ルワンダの中央銀行総裁として勤めた六年間の記録である。(まえがきより)

日本人がルワンダの中央銀行の総裁として勤務した際の記録。自伝的な本。

1965年のアフリカだから相当に貧しかっただろう。服部さんが頑張って、なんやかんやで色々あって、経済は良い方向へ向かっていく。

この本を読んで思ったのが、組織のトップに立つ人間は専門家でなければならないなということだ。既得権益を守るために適当なことを言う人や、慣習から抜け出せない人と対峙するには、専門知識に裏打ちされた信念が必要だ。ルワンダでの活躍を読むに、経済に関しては服部氏の右に出るものなしだった。確かな根拠があるから改革も進められる。

台湾では理系出身や医学部出身の大臣が多いと聞いた。そのおかげか、新型コロナウイルス対応では迅速かつ効果的な対策で封じ込めに成功している。

日本の省庁のトップにも、もっと理系出身者とか専門家が多くなれば良いよね。

アフリカの国が経済的に発展するなんて無理だ、なんていう先入観がかつて俺にもあった。だが、日本だって少し昔までは東の果ての遅れた黄色人種の小さな島国だったのだ。人種だったり、資源的不利だったりが関係ないということは日本が証明している。

だがそれと同時に、民族性というのは大きな壁になるとも思う。軌道に乗り始めたルワンダの経済は、1994年の大虐殺により壊滅的な打撃を受けたという。50万~100万人が虐殺された。アフガニスタンの民主主義政権がイスラム原理主義組織のタリバンによってあっけなく倒されてしまったのは記憶に新しい。欧米の価値観である自由や民主主義に基づく成長は、アフリカ・中央アジア・中東の国とは相性が悪そうだ。なんらかのローカライズが必要なのではないかと思う。

(おわり)

予備知識なしに気軽に読む本ではなかった【読書感想文】『叙任権闘争』オーギュスタン・フリシュ

 

11世紀後半から12世紀初頭にかけ、聖職者の任命方法をめぐり、教皇座(教権)と西欧諸君主(俗権)とのあいだで巨大な闘争が起きた。(裏表紙より)

新聞の書評欄だかTwitterだかで紹介されていた本。小難しい本を読みたい気分だったので読んだのだが、これは気軽に読める本ではなかった。

西洋史は詳しくないし、ましてや泥沼の中世史なんか知らんし、キリスト教もよく分からん。人名とか地名言われてもピンとこないし。

なんか聖職者の任命方法でもめてたんだな~、くらいの認識は得られたのでヨシ!

(おわり)

不朽の名作SF【映画感想】『マーズ・アタック』

 

マーズ・アタック! (字幕版)

マーズ・アタック! (字幕版)

  • ジャック・ニコルソン
Amazon

やたらと脳ミソがデカい火星人が地球に攻めてくる!

奴らの殺人光線銃に撃たれると、オレンジや緑色のガイコツになってしまうゾ!

 

全くもってふざけた映画なのだ。脳ミソばかりデカい火星人のデザインも、●●●で爆発してしまうその脳ミソも。ふざけまくっている。

極めつけにふざけているのが、キャストの豪華さだ。

・ジャック・ニコルソン(「シャイニング」等)

シャイニング [Blu-ray]

 

・ピアース・ブロスナン(「007」シリーズ)

ゴールデンアイ [Blu-ray]

 

・マイケル・J・フォックス(「バックトゥザフューチャー」シリーズ)

バック・トゥ・ザ・フューチャー [Blu-ray]

 

・ナタリー・ポートマン(「レオン」等)

レオン 完全版 [Blu-ray]

 

・ジャック・ブラック(「スクール・オブ・ロック」等)

スクール・オブ・ロック [Blu-ray]

 

久々に観たら、キャストの豪華さにドン引きしてしまった。俺が知らないだけで、見落としてる有名俳優もいるかもしれない。こんなB級映画に、なんでこんな豪華なキャストが集まったのか、全くもって意味不明。てか監督ティム・バートンだし。訳が分からないよ。

まあ内容は文句なしに面白くて最高。この監督にこのキャストなんだから、面白くない訳がない。昔はよくTVでも放送されてたんだけど、最近みなくなったよね。

緑色の肌で脳ミソが大きい火星人が地球に攻めてくるとか、それだけ聞くとクソ映画以外の何物でもないのだが、マーズ・アタックは力技でそれを名作にしてしまっている。

一周回って、これは後世に語り継ぐべき不朽の名作SFと言えるだろう。

(おわり)

淡々とした営み【映画感想】『賢者たちの食卓』

 

Twitterで流れてきた映画を観た。『賢者たちの食卓』。このシク教の寺院では、巡礼者や旅行者のために毎日10万食が無料で提供されているという。

淡々と、カレーを作る様子が流れる。畑で大量のジャガイモを収穫したり、ニンニクの実を取り出したり、玉ねぎを切ったり。ナンを作る工程では、練った小麦粉を丸めて投げる人と、伸ばし棒で円形に伸ばす人と、鉄板にナンを投げ入れる人と、ナンを焼く人が分業されていたりした。ただ座って何もしていない人とか、スマホいじってる人もいたりして面白い。

セリフとか、ドラマチックなBGMとか、解説ナレーションとかは一切無い。ただ日常の淡々とした営みを切り取って映画にしたものっぽい。

これは良いものだ。

(おわり)

エアコンの水漏れを自分で簡単に修理した話

最近、超暑いね。

我が家では、夏場は基本エアコンは24時間入れっぱなしにしている。下手にオン・オフするより節電になるらしい。それにこの暑さではちょっと油断するとすぐ熱中症になるので、治療費に比べたら電気代なんて安いものだ。エアコン付けっぱは、環境にもお財布にもやさしいのだ。

そしてこのエアコン、急に水漏れしだした。エアコンと壁の間から水が垂れてくる。エアコン下にテレビとかPCを置いていたので焦った。エアコン下にクリアファイルで雨どいのようなものを作り、バケツを置いて、応急処置とした。どうやら設定温度を下げると水漏れするようだった。かといって高めの設定だと暑くてかなわないし、しばらくすると温度関係なく水漏れするようになった。

エアコンというのは、そもそも水が出る仕組みになっているらしい。空気を冷やすので、当然結露が発生する。その結露を、エアコン内部のドレンパンで受け止め、たまった水をドレンホースで屋外に排出するのだ。

調べたところエアコンの水漏れの原因は、ほとんどがドレンホースの詰まりだという。自宅のドレンホースを確認したが、外から見た範囲では問題はなさそうだった。業者にクリーニングを依頼するか、ドレンホースを交換するか、もう10年近くになるのでエアコン自体を買い替えてしまうか、などと悩んでいた。

色々調べて行きついたのが、エアコン用のつまり取りポンプだ。サクションポンプともいうらしい。

見るからにただのポンプだし、値段は1000~2000円くらいだし、なんか頼りない。だがレビューは超高評価。検索上位3商品くらいはどれも1000レビュー超えて☆4つだ。

1番安い1000円以下のやつを買って使ったら、一瞬で水漏れが解消したw

4、5回くらいドレンホースを吸ってやったら、黒い塊が出てきてドレンホースから水が流れるようになった。室内の水漏れは嘘のようにパタリと止んだ。全く水漏れする気配が無くなった。

下手したらエアコンを買い替えるところを、1000円以下の出費で抑えられたのだから超儲けものだ。

(おわり)