読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫兎ライフ

美味しい食べ物にうまい酒、面白い本に楽しいゲーム、それさえあれば幸せです。

新横浜の冷し担々麺【リアル孤独のグルメ】『冷し担々麺』華福菜館

   

 

「さて、と」

「仕事は終わったけど、今から帰ると3時を過ぎてしまいそうだな。帰る途中で腹がペコちゃんになったら惨めだから、何か食べていくか。ふふふ…外食なんて久しぶりだぞ。」

「とはいえ、夏バテ気味であんまり食欲はないんだよ。なにかこう…食べやすいものはないものか。」

f:id:catrabbitnekousagi:20160722152329j:plain

「ほう!いかにも昼飯にちょうど良さそうな中華だ。そしてこの「冷し担々麺」というのが、すごい気になる。一度気になりだしたら、食べるまで気が済まないタチだぞ、俺は。」

f:id:catrabbitnekousagi:20160722152345j:plain

「ええい、迷うまでもない。今日のランチは冷やし担々麺だ。」

f:id:catrabbitnekousagi:20160722152314j:plain

「思っていたより、シンプルな外観だ。どれどれ、味は…と…うん。主張し過ぎない麺に、さっぱりめの胡麻ダレか。あっさりしていて、食が進むぞ。」

「肉は、と。うん、うん。タレがあっさりしている分、肉はパンチがある。濃い味付けと、ラー油の辛さがたまらん。暑い夏には辛い食べ物に限るな。」

「底に敷いてある野菜は、レタスか。これも地味だが、全体の味の引き締めには最高だ。」

「ふう。調子に乗って、サイドメニューを頼まなくて正解だったな。見た目に反して、結構食べ応えがあった。レタスがいい仕事をしていたな。」

 (おわり)