猫兎ライフ

美味しい食べ物にうまい酒、面白い本に楽しいゲーム、それさえあれば幸せです。

【レインボーシックスシージ】各キャラのスキル・武器・使い心地などを解説します(Operation BLOOD ORCHID対応中)

    

 

 

【紹介】

『レインボーシックスシージ(R6S)』は、「DIVISION(ディビジョン)」や「アサシンクリード」を製作したUBISOFT(ユービーアイソフト)のFPSゲームです。

世界各国の特殊部隊から選抜された、固有のスキルを持つキャラクターを操り、CQB(室内等における近距離戦闘)で戦うのが特徴のゲームです。また、一度死亡したら同じラウンド中に復活することは出来ず、キャラの動きがもっさりしているため、よりリアルな緊張感あふれるプレイが楽しめます。よほど上手い人でも、油断しているとあっという間に死にます。某有名FPSの”大佐”の様な無双プレイはできません。

 

レインボーシックス シージ

レインボーシックス シージ

 

 

〈参考動画:某有名FPSの”大佐”〉

youtu.be

ゲームのためなら、仕事も女もやるなという徹底ぶり。「トイレに行けば、その間プレイできない。バケツにクソをすれば、プレイを続けられる」と、クソバケツの使用を推奨している廃人。ナイフにバイポッドを装着する変態でもある。しかしそのナイフ1本で、敵1個分隊(エイリアン(?)×1、戦車×1を含む)を瞬殺し、本来なら進入すらできない筈の敵チームの本拠地を制圧して自陣にしてしまうほどの腕の持ち主。 冗談のようだが、一部のFPSにはこれくらいの腕前を持つプレイヤーがゴロゴロいる。

 ↓この動画の和訳記事。

catrabbitnekousagi.hatenadiary.jp 

 【各キャラのスキル・武器・使い心地】

以下に各キャラのスキル・武器・使い心地について書いています。逐次更新・加筆していきます。Operation BLOOD ORCHIDの内容は紅色文字で記載します。

SLEDGE(スレッジ)

f:id:catrabbitnekousagi:20160828165408p:plain

所属:SAS

スキル:ブリーチングハンマー

ブリーチングハンマーを使用して破壊可能な障害物を一撃で突破する

メインウエポン:M590A1(ショットガン)、L85A2(アサルトライフル)

サブウエポン:P226 Mk 25(ハンドガン)、SMG-11(サブマシンガン)

ガジェット:フラググレネード、スタングレネード

使い心地:ハンマーの一撃で障害物を破壊できるので、窓のバリケードや壁を素早く破壊して敵の注意を分散させることができます。また壁を壊しつつ前進できるので、意外なルートから裏取りをすることもできます。アーマーとスピードのバランスが良く、武器も使いやすいので戦っても強いキャラです。メインのARにACOGを積んだりショットガンを使ってもサブマシンガンが使えるので、交戦距離に幅が持てます。

強さ(★★★):メインのL85A2が安定しており、サブのSMG-11もDPSが半端ではない強武器です。メインウエポンそっちのけでSMG-11にACOGを積んで(Operation Red CrawでSMG-11のACOGのアタッチはなくなりました)使うのが現在のトレンドのようです。ブリーチングハンマーで奇襲や裏取りも可能です。

重要度(★★☆):ブリーチングハンマーは攻撃側必須とはいえないまでも、かなり使いやすいスキルです。有刺鉄線やキャッスルのバリケードへの有効な対抗手段となります。また、ファベーラなどの壊せる壁が多いステージでは壁を壊しまくることで攻撃側を優位に立たせることができます。グレネードでの障害物の破壊や、床をハンマーで壊して撃ち下ろしをしたりと、出来ることは多くプロリーグでのピック率は高めです。

 

THATCHER(サッチャー)

f:id:catrabbitnekousagi:20160918205236p:plain

所属:SAS

スキル:EMPグレネード(※EPMではありません)

EMPグレネードで範囲内の電子機器を全て破壊する。

メインウエポン:AR33(アサルトライフル)、L85A2(アサルトライフル)、M590A1(ショットガン)

サブウエポン:P226 Mk 25(ハンドガン)

ガジェット:ブリーチングチャージ、クレイモア

使い心地:テルミットと共に、攻撃側必須ともいえるキャラです。サッチャーがEMPグレネードでミュートやバンディットのガジェットを破壊し、テルミットが補強された壁を破るまでがテンプレです。ステージによっては、補強された壁を破壊できないと攻撃側は詰みます。責任重大なキャラです。 メインウエポンのアサルトライフル2つの使い分けが微妙です。AR33は、装弾数が25発とやや少ないので、普通の感覚で使っているとすぐに弾切れになるので注意が必要です。

強さ(★★☆):アーマー2・スピード2で武器のクセがなく使いやすいオペレーターです。

重要度(★★★):ミュートやバンディットのガジェットが使用された補強された壁を破壊するために必須のオペレーターです。ガレージ(地下車庫?)があるようなステージでは補強された壁を破れないと攻撃側はかなり苦しくなります。

 

ASH(アッシュ)

f:id:catrabbitnekousagi:20160828165552p:plain

所属:FBI SWAT

スキル:ブリーチング弾

着弾面にめり込み、自動で爆発するブリーチング弾を放つ

メインウエポン:G36C(アサルトライフル)、R4-C(アサルトライフル)

サブウエポン:M45 MEU (SOC)(ハンドガン)、5.7 USG(ハンドガン)

ガジェット:ブリーチングチャージ、スタングレネード

使い心地:ブリーチング弾を使い、遠距離から破壊可能なオブジェクトを壊すことができます。スレッジやテルミットが外壁を破り、中のバリケードをアッシュが壊し、グラズが敵を狙撃、みたいな連携ができれば最高です。アーマーが低いのと、スキルも遠距離型であるので、正面きっての撃ち合いには向きません。メイン武器にはACOGを装着して、ブリーチング弾で壊したところから中の様子を探っていく戦い方が理想です。

強さ(★★★):足が速く、メインウエポンの性能も高いので恐ろしく強いです。G36CはDPSこそ控えめですが反動はSMGほどしか無く、R4-Cはやや反動が強いものの制御は容易でDPSが高いです。

重要度(★★★):ブリーチング弾による障害処理はもとより、スピードとDPSを活かしたキルゲッターとしての役割があります。持ち弾数も多いので制圧射撃も積極的に行えます。味方に強いアッシュがいるのといないのとでは勝率に大きな差が出ます。

(アプデ4.2)メインウエポンのG36Cの反動が軽減されました。初弾の跳ね上がり、反動の最大値、反動の上昇速度が低くなりました。これにより、「エイム重視のG36C」か「威力重視のR4-C」かという選択になります。

 

THERMITE(テルミット)

f:id:catrabbitnekousagi:20160918205311p:plain

所属:FBI SWAT

スキル:ヒートチャージ

補強された壁を破壊するヒートチャージを仕掛ける

メインウエポン:M1014(ショットガン)、556xi(アサルトライフル)

サブウエポン:M45 MEU (SOC)(ハンドガン)、5.7 USG(ハンドガン)

ガジェット:クレイモア、スタングレネード

使い心地:サッチャーと共に、攻撃側必須ともいえるキャラです。サッチャーがEMPグレネードでミュートやバンディットのガジェットを破壊し、テルミットが補強された壁を破るまでがテンプレです。ステージによっては、補強された壁を破壊できないと攻撃側は詰みます。責任重大なキャラです。メインウエポンの556xiは高威力・低反動で使い勝手が良いのですが、調子に乗って突っ込んですぐに死んでしまわないようにしましょう。補強された壁を破るまでは「いのちだいじに」進みましょう。

強さ(★★☆):メインの556iは反動制御が容易で使いやすい武器です。クレイモアで敵の飛び出しを防げるのも、スキルとの相性が良いです。

重要度(★★★): 補強された壁を破壊するために必要なオペレーターです。日本の新オペ「HIBANA」が追加されたとはいえ重要であることに変わりはありません。人が余裕で通れるほどの大きさの穴を開けて敵にプレッシャーをかけるためには火花よりもテルミットです。

 

TWITCH(トゥイッチ)

f:id:catrabbitnekousagi:20160828175856p:plain

所属:GIGN

スキル:ショック・ドローン

 ショックドローンでトラップの停止や敵への攻撃を行う

メインウエポン:F2(アサルトライフル)、417(マークスマンライフル)、SG-CQB(ショットガン)

サブウエポン:P9(ハンドガン)、LFP586(ハンドガン)

ガジェット:クレイモア、ブリーチングチャージ

使い心地:嫌がらせ担当です。専用のドローンを使い、電撃でチクチク相手を攻撃することができます。小さいドローンでちょこまかといやらしい攻撃ができるので、相手のヘイトを集めることができます。敵がムキになってショックドローンの相手をしている隙に味方が突入するという戦法が有効です。メインウエポンは、使い勝手の良いF2以外は産廃なので注意しましょう。

(アプデ4.2)今回のアプデで大幅強化されたキャラです。開幕前の偵察時のドローンがショックドローンになりました。もちろん開幕前でも攻撃できます。ショックドローンは射程が伸び、移動速度も上がりました。開幕前から相手に嫌がらせをしたり、防衛用のガジェットが設置されるそばから破壊したり、上の方の監視カメラを破壊したりできます。2機のショックドローンを切り替えながら操作することもできます。

メインウエポンの417の反動が減り、ダメージが上がりました。

(Operation Red Craw)キャラのグラフィックが改善されました。 

強さ(★★★):メインのF2が高DPSで反動も素直なので扱いやすい武器です。ショックドローンは敵の攻撃1発で破壊されてしまうとはいえ、自身が安全な場所にいながら相手やガジェットを攻撃できるのは強みです。

重要度(★☆☆):トゥイッチでなければこなせない役割というのは特に無いので、気楽に使えるオペです。監視カメラや敵のガジェットを積極的に破壊しましょう。味方にサッチャーがいない場合、シグナルディスラプチャーやショックワイヤーを破壊するという大役を担わなければならない場面もあるかもしれません。

 

MONTAGNE(モンターニュ)

f:id:catrabbitnekousagi:20160828190411p:plain

所属:GIGN

スキル:拡張型シールド

拡張型シールドを展開して立った状態でも全身をカバーする

メインウエポン:拡張型シールド(ル・ロック)

サブウエポン:P9(ハンドガン)、LFP586(ハンドガン)

ガジェット:スタングレネード、スモークグレネード

使い心地:防御にステータスを全振りしてしまった宴会芸担当です。シールド展開中は正面からの攻撃を全て防ぎます。しかし、それだけです。シールド展開中は攻撃できません。単独行動だと敵に的を供給するだけなので、必ず味方と行動を共にしましょう。シールドで敵の注目を集めている隙に、味方が攻撃してくれるのが理想形です。私は「シールド+マグナム」のロマン装備が気に入っています。シールドを構えていると、もれなくニトロセルが飛んできますが、アプデ5.2で爆発耐性が付与されたので恐るるに足りません。

強さ(★★☆):武器としてはサブのハンドガンしか使えないので、撃ち合うと弱いキャラです。敵のタゲを集めたり、進路を妨害したりと特殊な立ち回りが要求されるキャラです。爆発物を盾で防げるようになったため、大幅に強くなりました。現状、1対1でモンターニュを倒す有効な手段はないので、相手にプレッシャーを与え続けることができます。

重要度(★★☆):チームメイトと連携すれば強くなるというポテンシャルを秘めているオペですが、重要かと言われるとそうでもありません。ニトロセルを恐れる必要が無くなったので、突入役という盾持ち本来の役割をこなせるようになりました。強固な防御を敷いている相手に対して、盾があるのとないのとでは大違いです。

(アプデ4.2)シールドの展開・格納の速度が1.5秒から1秒に短縮され、0.7秒後には武器が撃てるようになりました。マグナムの攻撃力も上がっており、モンターニュ無双の予感しかしません。 

(アプデ5.2)シールドに爆破耐性が付いたので、もう何も怖くありません。

youtu.be

 

GLAZ(グラズ)

f:id:catrabbitnekousagi:20160828191228p:plain

所属:スペツナズ

スキル:HDSフリップサイト

メインウエポンのスコープを切り替え長距離射撃の命中率を上昇させる

メインウエポン:OTs-03(マークスマンライフル)

サブウエポン:GSH-18(ハンドガン)、PMM(ハンドガン)

ガジェット:スモークグレネード、クレイモア

使い心地:強力なセミオートライフルを装備した狙撃担当です。破壊した窓や壁から、中にいる敵を遠距離から一方的に攻撃できます。遠距離用のスコープは切り替え式なので、近距離では普通のサイトで戦うこともできます。遠距離・近距離どちらでも使いやすいオペレーターです。大統領専用機のステージでは、唯一窓を貫通して中の敵を攻撃できます。

(Velvet Shell)フリップサイトにサーマル機能が付与されました。敵をスコープ越しに視界に捉えると、色付き表示されるようになりました。煙幕越しでも敵を判別できるようになったので、スモークグレネードが捗ります。

(Operation Health 2.1)メインウエポンのダメージが約半分に減少しました。射撃の反動から再びエイムが戻るまでの時間も増加しました。

強さ(★★☆):最新のアップデートでメインウエポンのダメージ(特に近距離)が大幅に減りました。遠距離でのダメージは高いままなので、より狙撃向きのオペレーターになるような調整です。スコープにサーマル機能が搭載されてからプロリーグでも引っ張りだこだったグラズですが、ここ最近はピック率は落ち着いているようです。

重要度(★★☆):スコープにサーマル機能が追加されスモーク越しの射撃も可能になったため、狙撃役としての重要度が高まりました。プロリーグでのピック率も高い印象です。強固な防御を敷いている相手に対しても、スモーク越しに一方的に攻撃できます。スモークグレネードを装備できるオペレーターが変わったので、グラズを攻撃の要としたオペレーター編成には変化が生じそうです。

(アプデ5.2)メインウエポンの発射速度が110→220に倍増しました。

youtu.be

 

FUZE(フューズ)

f:id:catrabbitnekousagi:20160828194730p:plain

所属:スペツナズ

スキル:APM-6「マトリョーシカ」

壁を貫通して固定されるクラスターチャージ。壁の反対側で複数のサブグレネードを放つ

メインウエポン:バリスティックシールド、6P41(ライトマシンガン)、AK-12(アサルトライフル)

サブウエポン:PMM(ハンドガン)、GSH-18(ハンドガン)

ガジェット:ブリーチングチャージ、スモークグレネード

使い心地:奇襲担当です。壁やバリケードを貫通してグレネードが何個も飛んでくるのですから、やられた方はたまったものではありません。使い勝手の良いガジェットですが、2つしかない上に効果範囲が狭いので慎重に使いどころを見極めましょう。アプデ5.2で3つに増えた上に効果半径も広がったので、サクサク敵を葬ることができます。籠り気味の相手には非常に有効です。私は、相手にプレッシャーを与えつつ数を減らせればラッキー、くらいの感覚で使っています。人質救出ミッションでは、人質を傷つける危険があるので注意しましょう。

強さ(★★☆):メインウエポンはARもLMGもどちらも強い武器です。スキルも一方的に範囲攻撃できるので使いやすいです。

重要度(★☆☆):篭っている敵に有効なスキルですが、使える場所は限られており(破壊可能な壁・床・バリケード)、重要度は低いオペです。

(アプデ4.2)メインウエポンの6P41の反動とダメージが上方修正されました。

(アプデ5.2)ガジェットが2→3個に増加し、爆発の効果範囲も2倍弱になりました。最初は強すぎると感じましたが、だんだん防衛側もバラけて配置につくようになったので、アプデ直後ほど無双はできなくなりました。

BLITZ(ブリッツ)

f:id:catrabbitnekousagi:20160828210213p:plain

所属:GSG 9

スキル:G52タクティカルシールド

バリスティックシールドに搭載されたフラッシュで、一時的に敵の視力を奪うことができる。

メインウエポン:フラッシュシールド

サブウエポン:P12(ハンドガン)

ガジェット:スモークグレネード、ブリーチングチャージ

使い心地:フラッシュ機能の付いたシールドを持った突入担当です。ただでさえ厄介なシールドにフラッシュが付いているので、最前線で突っ込むことができます。他のシールドの例に漏れず、側面・背面からの攻撃に弱いので仲間との連携が必須です。シールドを構えていると、もれなくニトロセルが飛んできますが、アプデ5.2で爆発耐性が付与されたので恐るるに足りません。

強さ(★★☆):盾のフラッシュはかなり有用で、P12も強いハンドガンです。

重要度(★☆☆):ニトロセルが脅威ではなくなったので、突入役として有用です。モンターニュほどの防御力は無いので、通路をふさいだりディフューザーを守ったりという立ち回りには向きません。

 

IQ(アイキュー)

f:id:catrabbitnekousagi:20160828213600p:plain

所属:GSG 9

スキル:RED Mk II「スペクター」

 壁などの遮蔽物を透過するデバイス探知機で、範囲内の電子機器を検出する

メインウエポン:Aug A2(アサルトライフル)、552 Commando(アサルトライフル)、G8A1(ライトマシンガン)

サブウエポン:P12(ハンドガン)

ガジェット:ブリーチングチャージ、フラググレネード

使い心地:空気です。キャラをアンロックはしているのですが、ほとんど使っていません。スキルは、ある程度の距離からも敵のデバイスを検知することができます。デバイス探知機を使いながらでもハンドガンは構えることができます。便利といえば便利なスキルなのですが、メインウエポンの使用を犠牲にするほどではないと思います。武器は優秀です。パルスのセンサーやヴァルキリーのカメラを感知できるのが強みです。スピードを生かして敵を撹乱しつつ、デバイスを除去していく戦い方ができます。

(アプデ4.2)スキルで使えるガジェットの展開・格納の速度が1.5秒から1秒に短縮され、0.7秒後には武器を撃てるようになりました。

強さ(★★☆): 足が速く、武器はどれも優秀なので使いやすいオペです。メインウエポンの552 Commandoが高威力・低反動で使いやすいので、最近はスキルそっちのけの突撃要員として使っています。Operation VELVET SHELLでフラググレネードが装備されたので、より突撃要員として使いやすくなりました。

重要度(★☆☆):スキルの使い所が少なく、カジュアルでプレイしていてもプロリーグのゲームを見ていてもピックアップ率の低いオペレーターです。

(Operation BLOOD ORCHID)味方のガジェットには反応しなくなりました。エコーの腕の端末も使用中なら探知できるようになりました。

 

BUCK(バック)

f:id:catrabbitnekousagi:20160914235740p:plain

所属:JTF2

スキル:スケルトンキー

メインウエポン搭載のアンダーバレル・ショットガンに切り替える

メインウエポン:C8-SFW(アサルトライフル)、CAMRS(マークスマンライフル)

サブウエポン:Mk1 9mm(ハンドガン)

ガジェット:スタングレネード、フラググレネード

使い心地:武器が優秀でアーマー・スピードのバランスも良く、非常に使い易いオペレーターです。スキルで使えるショットガンは、R1で射撃ではなく、R1でメインウエポンとの切り替えなので、とっさの使用は難しいです。ショットガンはセミオート式で、至近距離では滅法強いですが、拡散範囲が広いので距離があるとなかなかダメージを与えられません。弾数も少なめなので、使いどころが難しいです。障害物のブリーチング、閉所の索敵、居場所が判明している敵への強襲などで威力を発揮します。

(アプデ)スケルトンキーの弾数が増加しました。

強さ(★★★):ライフルにショットガンと、近〜遠距離まで全てのレンジで戦うことができます。フラググレネードも装備しており、状況対応能力が非常に高いオペレーターです。メインウエポンはCAMRSにマズルブレーキを装着すると反動がほぼ無くなりタッピングで高速連射もできるのでオススメです。C8-SFWの方は反動がでかいので、レーザーサイトを装着しているプレイヤーが多い印象です。

重要度(★★☆):フラググレネードでの障害破壊やショットガンでのブリーチングが出来るので、スレッジと似たような立ち回りができます。天井(敵から見れば床)を破壊してプレッシャーをかけることができます。

(アプデ4.2)メインウエポンのCAMRSのダメージが上がりました。

youtu.be

 

BLACKBEARD(ブラックビアード)

f:id:catrabbitnekousagi:20160926212816p:plain

所属:NAVY SEAL

スキル:ライフルシールド

破損した場合に備え、予備の搭載型シールドを所持している

メインウエポン:Mk17 CQB(アサルトライフル)、SR-25(マークスマンライフル)

サブウエポン:D-50(ハンドガン)

ガジェット:ブリーチングチャージ、スタングレネード

使い心地:覗き担当です。ライフルシールドを装着すると正面からの上体に対する攻撃を防ぐことができるので、窓や隙間越しでの撃ち合いで強さを発揮します。正面きっての撃ち合いでも、ヘッドショットを防ぐことができるのでかなり強いです。アプデ後からシールドの耐久値が減ったので、油断しているとすぐに破壊されるので過信は禁物です。シールドを頼りすぎると、ボディががら空きになって普通に胴撃ちされて死ぬので注意が必要です。

強さ(★★☆):シールド弱体化直後はピック率がガクッと下がっていましたが、最近は再びピックされるようになっています。プロリーグでも普通にピックされています。ある程度以上のエイム力があれば、HP60のシールドでも十分な時間を稼いでくれます。

重要度(★★☆):以前ほどシールドに頼ることはできなくなりましたが、のぞき役としての役割は健在です。

(メモ)このキャラのモデルは、アメリカンスナイパーのクリス・カイルか?

(アプデ4.2)チート級に強かったライフルシールドが弱体化されました。耐久値が800から150に減らされ、その代わり2枚持ちになりました。画面右下にはシールドの耐久値も表示されるようになりました。このアプデが来るまでライフルシールドに耐久値があることを知りませんでした。それほどに猛威を振るっていたので、これは良アプデです。

 (Operation Red Craw)メインのMk17 CQBの攻撃力が下がりました。

(アプデ5.2)ライフルシールドの耐久値がさらに減らされ、HP150→60になりました。また、通常状態及び走り状態から武器構えに要する時間が2倍以上に増加しました。これらの調整により、より覗きに特化したオペレーターになりました。

(Operation BLOOD ORCHID)シールドを撃たれても相手に十字のヒットマーカーが表示されなくなり、位置バレの可能性が低くなりました。

 

CAPITAO(キャピタオ)

f:id:catrabbitnekousagi:20161112190044p:plain

所属:BOPE

スキル:タクティカルクロスボウ

ちっ息ガスボルトと小型スモークグレネードを発射するタクティカルクロスボウ

メインウエポン:PARA-308(アサルトライフル)、M249(ライトマシンガン)

サブウエポン:PRB92(ハンドガン)

ガジェット:クレイモア、スタングレネード

使い心地:特攻野郎です。足が速く武器も優秀なため、防衛側の予想よりも速く攻撃を仕掛けることができます。敵にキャピタオが居ると「もうここまで来てるの!?」というような場所でばったり出会うことがよくあります。油断しているとすぐ人質がさらわれます。スキルのクロスボウはダメージを与える「ちっ息ガス」と非殺傷の「小型スモーク」を使い分けることができます。スピードを活かして速攻して、敵が篭っていたらクロスボウで状況を打破、という戦い方ができます。アーマーが低いと言う欠点があり、調子に乗って突っ込むとすぐ死ぬので注意しましょう。

(Operation Red Craw)メインのPARA-308の攻撃力が下がりました。

(アプデ)メインのPARA-308の反動が改善されました。

強さ(★★☆):決して弱いわけでは無いのですが、メインウエポンはやや性能が低めです。フラググレネードが取り上げられてからはピック率が下がっています。

重要度(★★☆):キャピタオがいなくて困ることはありません。フラググレネードが無くなったので、より出番が少なくなりました。クロスボウはディフーザーの防衛などに有用です。

(メモ)「ちっ息ガス」とあるのは、スモークのマスクでも防げないようにするためか?

 

HIBANA(火花)

f:id:catrabbitnekousagi:20161125140952p:plain

所属:SAT

スキル:X-KAIROS

遠距離から起爆できるペレットを発射する、40mmグレネードランチャー

メインウエポン:SuperNova(ショットガン)、TYPE-89(アサルトライフル)

サブウエポン:P229(ハンドガン)、BEARING 9(サブマシンガン)

ガジェット:クレイモア、スタングレネード

使い心地 :Operation Red Crawで追加された攻撃オペレーターです。固有ガジェットのランチャーを使用すると、補強された壁に穴を開けることができます。ランチャー1発で開けられる穴は横長で、壁との距離に関係なくペレットは一定の大きさで壁に張り付きます。人が通れる大きさにするには縦に2発並べて撃つ必要があります。ランチャーの弾は3発なので、通り道はテルミット、覗き穴は火花と使い分けると良いです。

強さ(★★☆):メインのTYPE-89が低反動で連射力もあり、素直で非常に使いやすい武器です。装弾数が20発と少ないのがネックですが、サブのBEARING9が実用レベルなので戦闘力は高めです。

重要度(★★★):補強された壁を破ることができますが、テルミットとは異なった立ち回りが要求されます。火花のガジェットでは小さい穴しか開かないため、補強された床(天井)破りが主な役割になります。射線を通してプレッシャーをかけたり、一番下の部分を破ればほふくで通ることもできます。

(メモ)TYPE-89には30発マガジンもあるのになぜ20発マガジンにしたのか?リアサイトのデザインはCQB仕様のためか?

 

JACKAL(ジャッカル)

f:id:catrabbitnekousagi:20170206233037p:plain

所属:GEO

スキル:アイノックスモデルIII

一定時間内に残された足跡を見つけてターゲットを追跡可能なアイウェア

メインウエポン:ITA12L(ショットガン、ダ47、機50、弾8)、PDW9(サブマシンガン、ダ33、連800、機50、弾50)、C7E(アサルトライフル、ダ46、連800、機50、弾30)

サブウエポン:ITA12S(ショットガン、ダ66、機50、弾5)、ハンドガン

ガジェット:ブリーチングチャージ、スモークグレネード

使い心地 :頭に装着したデバイスを起動することで、敵の足跡を見ることができます。デバイス起動中でもメインウエポンは使用可能で、微妙に視界が悪くなる・ダメージを受けると視界が乱れる・ミュートのガジェットでも視界が乱れるというデメリットがあります。。最近の足跡は赤色で表示されます。古い足跡は黄色や水色で表示されますが、古い足跡でもスキャンすることで足跡の主を複数回スポットしてチーム全員に位置が表示されます。カベイラのサイレントステップ時の足跡は見えないようです。ジャッカルへの対抗策としては、古典的ですが匍匐移動や後ろ歩き等が流行るのではないかと思います。

装弾数50のサブマシンガンや高性能アサルトライフル、サブのショットガンが目を引く装備になっています。毎度のことながら追加オペの武器は最初は強くても後から弱体化される運命にあります。特にC7EはDPSが高く、反動制御も良いという記述があったので修正必至だと思います、アップデートで反動が悪化しました。

ジャッカルのメインウエポンをC7E(AR)かPDW9(SMG)かどちらを選ぶか悩むことがあると思います。どちらもMP5並みの連射速度と反動の少なさを備えています。ダメージのC7Eか装弾数のPDW9かとの選択になるのですが、オススメはC7Eです。DPSが高く射程もあるので、遠距離や胴撃ちでも安定して敵をキルできるからです。ヘッドショットに自信がある人には装弾数50の継戦能力は魅力に映ると思いますので、自分の腕と相談して決めましょう。

強さ(★★☆):登場直後は強すぎると話題になりましたが、いまではそこまでピック率は高くありません。プロリーグで使われているのも見たことはありません。敵の位置が分かっても、敵も逃げてしまうのでなかなか捉えられず、逆に釣られてしまうこともありえます。武器は強いです。

重要度(★☆☆):遊撃対策として登場したと思われるオペレーターですが、ピック率は高くありません。優秀な遊撃ならばしっかりと退路を確保しているので、このスキルだけでは決定打にはなりませんでした。

(Operation BLOOD ORCHID)スキャンした敵の位置表示の間隔が短縮され回数が増えました。

 

YING

f:id:catrabbitnekousagi:20170907233203p:plain

所属:S.D.U.

スキル:カンデラ

メインウエポン:T-95 LSW(LMG)、SIX12(ショットガン)

サブウエポン:Q-929(ハンドガン)

ガジェット:ブリーチングチャージ、スモークグレネード

ガジェットはスタングレネードを強力にしたようなものです。投擲したり、壁や床に貼り付け、その向こう側に射出することが可能です。起爆までの時間も調整できます。自身はバイザーでフラッシュの効果を無効にできるので、ガジェットの起爆と同時に突入して強襲できます。装弾数の多いドラムマガジン式LMGが特徴的な装備ですが、いかんせんDPSが低いです。ヘッドショットできるエイム力・有利な位置取り・カンデラの効果的な使用が求められる玄人向けのオペレーターです。

強さ(★★☆):LMGはDPSこそ低いものの、装弾数とリロードの速さは魅力的です。

重要度(★★☆):プロリーグでもピックされています。有利なポジションにいる敵を崩したり、最終局面でプッシュを掛ける時にカンデラは役に立ちます。

 

SMOKE(スモーク)

f:id:catrabbitnekousagi:20160828220345p:plain

所属:SAS

スキル:コンパウンドZ8グレネード

遠隔操作式のガスグレネードで攻撃を仕掛ける

メインウエポン:FMG-9(サブマシンガン)、M590A1(ショットガン)

サブウエポン:P226 Mk 25(ハンドガン)、SMG-11(マシンピストル)

ガジェット:有刺鉄線、ニトロセル→インパクトグレネード

使い心地:宴会芸担当。遠隔起動できるガスグレネードで敵の進路を塞いだり、籠っている敵をあぶりだしたりできます。しかし、悠長にガス責めしているヒマがあったらニトロセルで瞬殺してしまえよ、といつも思っています。武器の使い勝手が良いのが、せめてもの救いです。化学兵器禁止条約に違反しているキャラです。

強さ(★★★):あまりピックアップ率は高く無い印象ですが、隠れた強キャラだと思っています(2月上旬のSIX INVITATIONALでのピック率は100%でした。)。SASのショットガンは威力・射程・連射速度のどれも高い強武器ですし、高DPSで悪名高いSMG-11まで使うことができます。ガスグレネードの飛距離も伸びて使い勝手が良くなりました。

重要度(★★★):以前は目立った出番のなかったスモークですが、アプデ5.2以降は重要度が増すのでは無いかと思います。盾にニトロセルが効かなくなった今、ガスグレネードだけが頼りです。メインにショットガンを選択してもサブのSMGで戦えるので、壁抜き役も担う事が多いです。

 (アプデ5.2)ガスグレネードの投擲距離が伸びました。従来のニトロセルのような軌道から、フラググレネードのような長い飛距離になりました。FMG-9の反動が軽減されました。

 

MUTE(ミュート)

f:id:catrabbitnekousagi:20160828221024p:plain

所属:SAS

スキル:GC90「モニ」シグナルディスラプター

一定範囲内の遠隔操作ガジェットやドローンの通信をジャミングする

メインウエポン:MP5K(サブマシンガン)、M590A1(ショットガン)

サブウエポン:P226 Mk 25(ハンドガン)

ガジェット:ニトロセル、展開型シールド

使い心地:相手のガジェットやドローンを使用不能にする装置を設置できます。ミュートの仕事は2つあります。①開幕直後に敵のドローンを阻止する②補強した壁や窓際に設置してテルミットやフューズのガジェットを無力化する、の2つです。ですので、開幕直後はルークのアーマーを取ったり壁の補強をしたりせずに、ドローンの通り道にシグナルディスラプラーを設置しましょう。①と②の仕事さえこなせば、あとは自由です。

強さ(★☆☆):メインのMP5KにはACOGを装着する事ができず、強さに関しては特筆すべき事項はありません。ショットガンは強いです。

重要度(★★☆):補強された壁をテルミットや火花から守るために必須のオペレーターです。バンディットのショックワイヤーが増えたこともあるので、余裕があればフューズ対策にシグナルディスラプチャーを配置するのも良いかもしれません。プロリーグではドローン対策で通路状にガジェットが配置される事が多かったです。

(アプデ4.2)メインウエポンのMP5Kのダメージと反動が微妙に上方修正されました。

 

CASTLE(キャッスル)

f:id:catrabbitnekousagi:20160828222651p:plain

所属:FBI SWAT

スキル:UTP1汎用タクティカルパネル

通常型よりも耐久性が高い防弾バリケードを展開する

メインウエポン:UMP45(サブマシンガン)、M1014(ショットガン)

サブウエポン:5.7 USG(ハンドガン)、M45 MEU (SOC)(ハンドガン)

ガジェット:展開型シールド、有刺鉄線→インパクトグレネード

使い心地:窓や部屋の入り口に強力なバリケードを展開できるキャラです。窓や入り口が少なく、敵の進路が限定されるステージで威力を発揮します。反面、窓や入り口が多数あるステージでは効果が薄く、ブリーチングやスレッジハンマーなど対抗手段も存在するので、このバリケードを信頼しきるわけにもいきません。

強さ(★☆☆):特筆事項のない、普通の強さだと思います。

重要度(★★☆): 防弾バリケードはアッシュやスレッジのスキル、ブリーチングチャージで簡単に破壊されてしまう上に、近接攻撃で12発殴ることでも壊されてしまいます。フューズに安全にクラスターチャージを設置する場を与えてしまう可能性もあり、使いどころが難しいです。建物の外壁沿いに設置すると簡単に破壊されるので、建物内の相手の進路を限定できるような場所や、敵の射線から防衛オペを守れる場所に設置すると良い感じです。

(アプデ5.2)メインウエポンのUMP45の反動が軽減されました。

PULSE (パルス)

f:id:catrabbitnekousagi:20160918205902p:plain

所属:FBI SWAT

スキル:心拍センサー

 障害物を透過して近距離の敵の心拍を検知する

メインウエポン:M1014(ショットガン)、UMP45(サブマシンガン)

サブウエポン:M45 MEU (SOC)(ハンドガン)、5.7 USG(ハンドガン)

ガジェット:有刺鉄線、ニトロセル

使い心地:厨キャラです。テロハントでもマルチプレイでも大人気のキャラです。リスポーンの無いこのゲームにおいて相手の位置を知ることは大きなアドバンテージになります。装備も壁をブチ抜けるショットガンやニトロセルがあり、スキルとの相性も抜群です。意外と探知距離が短くスキル発動中は武器が使えず視界も制限されるので、読みが外れると脆いところが弱点です。パルスは防衛目標から離れて遊撃していることが多いので、攻撃側はパルスを確認したら要注意です。

強さ(★★★):遊撃向きの強力なガジェットを持っています。敵の位置がわかるので、壁越しや外に飛び出しての攻撃で奇襲ができます。

重要度(★★☆):遊撃として敵にかなりのプレッシャーを与える事ができますし、消極的に立ち回っても味方に敵の位置を伝える事ができます。目標下に陣取ってショットガンやニトロセルでディフューザーの設置を妨害することもできます。

(アプデ5.2)メインウエポンのUMP45の反動が軽減されました。

 DOC(ドク)

f:id:catrabbitnekousagi:20160828223147p:plain

所属:GIGN

スキル:MPD-Oスティムピストル

 注射銃を使用して、自分自身や遠距離にいる仲間を蘇生させる。

メインウエポン:SG-CQB(ショットガン)、MP5(サブマシンガン)、P90(サブマシンガン)

サブウエポン:P9(ハンドガン)、LFP586(ハンドガン)

ガジェット:有刺鉄線、展開型シールド

使い心地:自分や味方を回復させるスティムピストルを装備しています。ルークのアーマーと組み合わせると残存性が格段に上がります。アーマー3で回復もできるのでかなりしぶといオペです。

強さ(★★☆):アーマー3に加えダウンからの復帰・自己回復までできるので、かなりしぶといオペレーターです。MP5はリコイルコントロールが容易で連射速度もあるのでヘッドショットに向いており、ACOGが装着できる防衛側の数少ない武器でもあります。

重要度(★★☆):このゲーム唯一の回復手段を持っているので、チームとしての残存性が高まります。スティムピストルは温存せずにHPが減った仲間がいたら積極的に使いましょう。取っておいても自分が死ぬか味方が全滅したら無用の長物です。

(アプデ4.2)スティムピストルの使い勝手が良くなりました。ダウンしていない自分・味方を回復することができるようになり、HP100を超えた分は最大120(アップデートで最大140になりました。)まで一定時間オーバーヒールするようになりました。1発の回復量は40です。ダウンしてなくても使えるからと、ポンポン景気良く撃っていると肝心な時に使えなくなるので注意が必要です。 

メインウエポンのP90の反動が変更され、初弾のブレや反動の上昇率は低減されましたが、反動の最大値は上がりました。運営は「ヘッドショット向きのMP5」と「ボディショット向けのP90」という使い分けを想定しているようです。

 

ROOK(ルーク)

f:id:catrabbitnekousagi:20160828223837p:plain

所属:GIGN

スキル:アーマーパック

 味方が使用できるアーマープレートを満載した補給品バッグを設置する

メインウエポン:P90(サブマシンガン)、MP5(サブマシンガン)、SG-CQB(ショットガン)

サブウエポン:LFP586(ハンドガン)、P9(ハンドガン)

ガジェット:展開型シールド、有刺鉄線→インパクトグレネード

使い心地:防御力を上げ、即死の可能性を低くするアーマーパックを設置します。開幕すぐにアーマーをその場に置けば、仕事の9割は終わりです。初心者でもチームに貢献できるので、真っ先にアンロックすべきキャラです。武器の性能はイマイチで、サブマシンガンは2つとも威力の低い豆鉄砲で、ショットガンは発射間隔が長く使いづらいです。P90は装弾数が多く発射間隔も短いので、弾幕を張っていればラッキーヘッドショットでワンチャンあります。アーマーパックでドローンの通り道を塞ぐというテクニックもあるようですが、トラップの設置や遊撃で遠くに行ってしまう人もいるので、開幕即置いてしまった方がチームメイトのためになります。

強さ(★★☆):アーマーを装着したルークは本当に硬いです。MP5はリコイルコントロールが容易で連射速度もあるのでヘッドショットに向いており、ACOGが装着できる防衛側の数少ない武器でもあります。アーマープレートを設置したら仕事は終わりなので、隠れたリスキル要員でもあります。

重要性(★★★):ルークのアーマーの有無はかなり大きいです。基本的には攻撃オペの武器はダメージが大きいので、アーマーがあれば撃ち勝つ可能性が大きくなります。アーマー装着時はヘッドショット以外でHPが0になるとすぐには死なず必ずダウン状態になるので、ドクのスキルと合わせると残存性がさらに高まります。

(アプデ4.2)メインウエポンのP90の反動が変更され、初弾のブレや反動の上昇率は低減されましたが、反動の最大値は上がりました。運営は「ヘッドショット向きのMP5」と「ボディショット向けのP90」という使い分けを想定しているようです。 

 

 KAPKAN(カプカン)

f:id:catrabbitnekousagi:20160828225534p:plain

所属:スペツナズ

スキル:EDD Mk II

窓やドアのフレームにブービートラップを仕掛ける

メインウエポン:9x19VSN(サブマシンガン)、SASG-12(ショットガン)

サブウエポン:PMM(ハンドガン)、GSH-18(ハンドガン)

ガジェット:有刺鉄線、ニトロセル

使い心地:相手を即死させられるトラップを仕掛けるキャラです。私が仕掛けたトラップに敵が掛かったことはまだありませんが、私は相手のトラップによく引っ掛かります。バリケードや有刺鉄線のあるところは警戒されたりなにかの巻き添えで破壊されてしまうので、なにもないところにトラップを仕掛けると良いようです。防衛目標から離れた場所で、ひとりトラップにかかって死んだプレイヤーがいたら、それは私です。

強さ(★★☆):メインウエポンのサブマシンガンは扱い易く、セミオートショットガンは近距離戦最強です。

重要度(★☆☆):トラップがあれば敵の速攻を阻止・牽制することができ、注意を分散させることもできます。カプカンのブービートラップは即死なので、自分から離れたところに設置していても、忘れた頃に敵が死にます。

 

TACHANKA(タチャンカ)

f:id:catrabbitnekousagi:20160828225703p:plain

所属:スペツナズ

スキル:RP-46デグチャレフマシンガン

味方全員が使用できる固定式LMGを展開する

メインウエポン:SASG-12(ショットガン)、9x19VSN(サブマシンガン)

サブウエポン:GHS-18(ハンドガン)、PMM(ハンドガン)

ガジェット:有刺鉄線、展開型シールド

使い心地:宴会芸担当です。スキルで設置できる機関銃は、使い物になりません。旋回角度が狭いため正面の一定角度しか指向することができず、使用中はその場から動けないので敵の的になります。その代わりなのかは分かりませんが、アーマーが高くセミオートショットガンが有能なので、近距離での撃ち合いには滅法強いです。タチャンカはSGキャラで、機関銃はオマケだと考えましょう。

強さ(★★☆):シールドが搭載されたので、もう何も怖くありません。ネット上には相変わらず弱いという意見もあるようですが、もともとダメージの高いLMGなので、一瞬でも相手が攻めあぐねた時に撃てば撃ち勝てます。シールドはあっさりと破壊されますし、側面・背面からの攻撃には相変わらず弱いままですが、そこは愛でカバーです。

重要度(★☆☆):機関銃の設置場所によっては相手の進路を完全に塞ぐことができますが、そんなうまい場所はそうそうありません。

(アプデ5.2)全世界のタチャンカファン待望の強化がやってきました!LMGにシールドが搭載されました。前面からの頭部への銃撃を防ぐHP500のシールドです。シールドのトレードオフとして、SMG程度の反動が生じるようになりました。

 

JAGER(イェーガー)

f:id:catrabbitnekousagi:20160828225913p:plain

所属:GSG 9

スキル:ADS-MKIV「マグパイ」

アクティブディフェンスシステムで爆発前にグレネードを無効化する

メインウエポン:M870(ショットガン)、416-C CARBINE(アサルトライフル)

サブウエポン:P12(ハンドガン)

ガジェット:展開型シールド、有刺鉄線

使い心地:敵のグレネードを無効化するADSを設置できるキャラです。正直、効果があるのかないのかよく分からないガジェットなのですが、他のプレイヤーもせっせとADSを設置しているので、多分効果はあるのだろうと半信半疑になりながらこのキャラを使っています。防衛側のキャラでは珍しく武器が優秀なので、開幕直後のリスキルや遊撃をしたい人におすすめのキャラです。敵にイェーガーがいたら、窓から外に撃ってくる可能性大なので警戒しましょう。

強さ(★★★):メインの416-C CARBINEは防衛側唯一のアサルトライフルカテゴリーの武器です。ACOGを装着可能で弾数も多く、完全にリスキル・遊撃向きのオペレーターです。

重要度(★★★):敵の攻撃オプションのひとつであるグレネードを封じることができます。フューズのクラスターチャージも2個まで迎撃して脅威を減らしてくれるので、なかなか頼もしいです。プロリーグでのピック率も高かったので★3つです。

(Operaton BLOOD ORCHID) メインのARのACOGがなくなりました。

 

 BANDIT(バンディット)

f:id:catrabbitnekousagi:20160918205941p:plain

所属:GSG 9

スキル:ショックワイヤー

金属製ガジェットに高電圧のショックワイヤーをセットし、敵にダメージを与える

メインウエポン:MP7(サブマシンガン)、M870(ショットガン)

サブウエポン:P12(ハンドガン)

ガジェット:有刺鉄線、ニトロセル

使い心地:金属製ガジェット(補強された壁、有刺鉄線、展開型シールド)に触れた敵にダメージを与えるショックワイヤーを設置できるキャラです。これにより、補強された壁に対するヒートチャージを防いだり、有刺鉄線を潜り抜けようとしたドローンを破壊したりすることができます。イェーガーと同じく、ガジェットを設置したら仕事は終わりで、足が早く武器も優秀なので遊撃向きです。

強さ(★★★):足が速く、メインのSMGはDPSが高くACOGも装着できるので強いオペです。ニトロセルも持てるので、壁を壊して飛び出してリスキルすることも可能です。

重要度(★★★):補強された壁の防護にはミュートよりもバンディットが選ばれています。いわゆる”もちつき”でテルミットのヒートチャージを破壊する事ができるからです。

(アプデ5.2)ショックワイヤーの数が3→4個に増加しました。 

(Operaton BLOOD ORCHID) メインのARのACOGがなくなりました。ショックワイヤーで、起爆中の火花のペレットも破壊できるようになりました。ショックワイヤーの一撃でドローンを破壊できるようになりました。

 

 FROST(フロスト)

f:id:catrabbitnekousagi:20160915000022p:plain

所属:JTF2

スキル:ウェルカムマット

機械式のトラップで敵を行動不能にする

メインウエポン:Super 90(ショットガン)、9mm C1(サブマシンガン)

サブウエポン:Mk1 9mm(ハンドガン)

ガジェット:有刺鉄線、展開型シールド

使い心地:敵を行動不能(ダウン状態+移動不可)にするトラバサミを設置するトラッパーです。カプカンのブービートラップとは異なり、置き場所に制約はなく、平らな地面ならどこにでも設置することができます。ウェルカムマットは設置すると「黒くて四角いマット」にしか見えなくなるので、注意していないとすぐ引っかかります。窓の真下や、細い入り口を塞いだ展開型シールドの真後ろが定番の設置場所です。このトラップだけでは相手を仕留め切ることはできないので、相手が掛かったのを確認したら自分で止めを刺しに行く必要があります。なので、どこにトラップを設置したかは覚えておきましょう。自分を中心にトラップで巣をつくるイメージで仕掛けると管理が容易です。様子を見に行くとトラップに掛かった仲間を助けようとしている敵も釣れることがあります。サブマシンガンは高威力で反動も少なく使いやすい武器です。フロストのトラップは、時間切れが迫り攻撃側が焦って突っ込んできたときに真価を発揮するので、最後の最後まで粘りましょう。

強さ(★★☆):メインのサブマシンガンが高威力・程反動で微妙に装弾数も多いので強い武器です。ウェルカムマットも目立たない割に効果は凶悪なので強いガジェットです。

重要度(★★☆):プロリーグではトラッパーのピック率は低いのですが、私のような一般ゲーマーレベルでは十分にトラップは威力を発揮します。特に「人質」では、開幕速攻人質を奪おうと凸ってくる相手と時間ギリギリまで慎重に攻めてくる相手の両方に効果的です。

 

(アプデ4.2)メインウエポンの9mmC1のダメージが上昇しました。

(アプデ5.2)メインウエポンの9mmC1の反動が軽減されました。

 

VALKYRIE(ヴァルキリー)

所属:NAVY SEAL

スキル:ブラックアイ

「ブラックアイ」カメラを設置できる

カメラの映像は偵察ツールを通じてチーム全員で共有できる

メインウエポン:MPX(サブマシンガン)、SPAS-12(ショットガン)

サブウエポン:D-50

ガジェット:展開型シールド、ニトロセル

使い心地:味方全員も見ることができる監視カメラを設置することができます。カメラは小さく、場所も不定なので攻撃側は見つけるのに苦労します。ラウンド中のリスポンがないこのゲームでは、相手の動向を知ることができるのは大きなアドバンテージになります。私はまだこのオペレーターを使いこなせていないのですが、攻撃時にのこのこ歩いていると、いきなりヴァルキリーが窓から飛び出してきて殺されることがよくあります。カメラの位置バレを避けるため、状況によっては敵をスポットしないほうが良い場面もあります。

強さ(★★★):武器の性能は低いのですが、ガジェットが強いです。良いポジションにカメラを設置できれば、ラペリング中やドローンを操作している無防備な敵を一方的に攻撃できます。

重要度(★★★):監視の目は多いに越したことはありません。飛び出しキルで敵を積極的に攻撃できるようになりますし、ヴァルキリーがいるだけでプレッシャーになります。

 

 

(アプデ4.2)ブラックアイカメラの持ち数が4から3に減らされました。

 

 CAVEIRA(カヴェイラ)

f:id:catrabbitnekousagi:20160926213247p:plain

所属:BOPE

スキル:サイレントステップ

「サイレントステップ」で静かに獲物に近付ける。ほぼ無音のため、敵が気配に気づいたときはすでに手遅れだろう

メインウエポン:M12(サブマシンガン)、SPAS-15(ショットガン)

サブウエポン:ルイソン(ハンドガン)

ガジェット:インパクトグレネード、有刺鉄線

使い心地:遊撃担当です。ほぼ無音で移動できるスキルに加え、ダウンした相手を尋問して敵の居場所を吐かせることもできます。移動速度も非常に速いです。気配を殺して相手の意表をつき、ダウン性能の高いハンドガンで瞬時に無力化し、尋問で敵の居場所を吐かせて形勢をこちらのものにすることができます。決まれば強いスキルがある反面、武器が弱いです。メインウエポンは低威力・低連射速度のサブマシンガンと低威力・短射程のセミオートショットガンです。サブウエポンのルイソンは至近距離ならば2〜3発も当てれば相手をダウンさせることができますが、距離による威力減衰が激しく、少しでも距離が開くとノーマルテロハンの雑魚敵すらまともに倒せません。普通に撃ち合っては勝ち目が無いので、常に裏取りをする気持ちで立ち回る必要があります。

強さ(★★☆)

重要度(★☆☆)

 

(Operation Red Craw)サブのルイソンのダメージの距離減衰が緩和されました。

 (アプデ5.2)メインウエポンのM12の反動が軽減されました。

(アプデ)ルイソンのダメージの距離減衰が少なくなりました。

youtu.be

ECHO(エコー)

f:id:catrabbitnekousagi:20161125141034p:plain

所属:SAT

スキル:YOKAI

ソニックバーストで対象を混乱状態にするホバリングドローン。オペレーターに映像を送信できる。

メインウエポン:SuperNova(ショットガン)、MP5SD(サブマシンガン)

サブウエポン:P229(ハンドガン)、BEARING 9(サブマシンガン)

ガジェット:有刺鉄線、展開型シールド

使い心地 :Operation Red Crawで登場した防衛オペレーターです。固有ガジェットのドローンは地上移動と天井張り付きを切り替えることができます。天井に張り付いている間はステルス迷彩が発動して目視が困難になるとともに、ソニックバーストでの攻撃が可能になります。ソニックバーストは弾数制限なし(リロード時間あり)ですがダメージはなく、相手を混乱状態にさせます。混乱すると画面がぼやけてふらつきます。この状態で走ったりすると悪化して視野が狭くなります。おとなしく止まっていると早く回復します。ソニックバーストをくらった場合は、悪化覚悟で走って逃げるか、その場にとどまって迎え撃つかの選択になります。またこのドローンはエコー本人しか映像を見ることはできず、敵をマークすることもできません。

強さ(★★☆):メインのSuperNovaは火花と共用の扱いやすいショットガンです。MP5SDはサプレッサーがデフォルトの一風変わったサブマシンガンです。SuperNovaやBEARING 9は攻撃オペと共用の強い武器です。

重要度(★☆☆):防衛側で唯一ドローンを使うことができるのが強みですが、映像を仲間と共有したり敵をマークしたりはできないので、チームとしての強みが活かせないので重要度は低めです。

 

MIRA(ミラ)

f:id:catrabbitnekousagi:20170206233351p:plain

所属:GEO

スキル:ブラックミラー

破壊可能または補強された壁に、防弾ミラーガラスを展開する。また、開放すれば穴越しに攻撃できる

メインウエポン:VECTOR .45 ACP(サブマシンガン、ダ23、連1200、機50、弾25)、ITA12L(ショットガン、ダ47、機50、弾8)

サブウエポン:ITA12S(ショットガン、ダ66、機50、弾5)、ハンドガン

ガジェット:

使い心地 :補強された壁や破壊可能な壁に防弾マジックミラーの窓を設置します。この窓は内側からは向こう側を見通せますが、相手側からは黒いガラスにしか見えません。グラズのDMRでも貫通させることは不可能で、火花やテルミットのガジェットでのみ破壊することができます。補強されていない壁に設置されていた時は通常のブリーチング手段でも破壊可能です。射撃をしたい時は、窓内側にあるガスボンベを撃つことで防弾マジックミラーが落ち、射線が通るようになります。トゥイッチのショックドローンもガスボンベを破壊することができます。精密機器ではない機械式なので、サッチャーEMPグレネードでもガスボンベを破壊することはできません。あえて広い壁の一箇所だけ補強してミラの窓を設置し窓は監視専門にして敵は壁を貫通させて撃つスタイルや、2連続で設置して監視用・射撃用と分けて使うスタイルが流行っています。。これなら窓は安全なままですし、ガスボンベを撃つというワンアクションを省いて敵を攻撃することができます。また、下半身が完全にカバーされるので、タチャンカとの相性も良いと思います。

メインのVECTORは装弾数こそ低いものの、連射速度・集弾率ともに高く瞬間火力に優れているので、ブラックミラーとの相性は抜群です。

強さ(★★☆):ミラ自体の強さは普通ですが、ガジェットは革新的です。守るだけだった補強壁が攻撃ツールに様変わりします。射線を確保しつつブラックミラーを設置すれば一方的に視認・攻撃可能なトーチカになります。

重要度(★★☆):ミラがいると攻撃側は攻撃オプションの変更を迫られます。上手くブラックミラーが設置された場所を正面から突破するのは不可能に近いからです。向こう側が見えるので、バンディットのもちつきとの相性も良いようです。

 

LEISON

f:id:catrabbitnekousagi:20170907233650p:plain

シーズンパス未購入なので、動画で観た感じを紹介します。

毒針のトラップが固有のガジェットです。トラップは床に放るようにして展開し、少し経つと見えなく(見えにくく?)なります。 トラップに引っかかると毒針が刺さった状態になり、時間経過でダメージを負います。ダメージ量こそ多くないものの、立ち止まって針を抜かないとダメージは続いたままになります。このトラップ最大の特徴は、仕掛けた位置と起動(あるいは破壊)されたかどうかがわかる点です。設置したトラップは壁を透過して位置がわかるので、敵の接近を感知したり、壁抜き撃ちの際の目印として使うことができます。

 

ELA

f:id:catrabbitnekousagi:20170907234557p:plain

所属:GROM

スキル:GRZMOTマイン

あらゆる面に付着する感応式のコンカッション地雷。聴覚と平衡感覚を奪う。

メインウエポン:SCORPION EVO 3 A1(サブマシンガン)、FO-12(ショットガン)

サブウエポン:RG15(ハンドガン)

ガジェット:有刺鉄線、インパクトグレネード

非殺傷性のトラップが固有のガジェットです。トリモチ付スティックのような形状で、床や壁などに貼り付け、近づいたオペレーターを撹乱します。エコーのドローンを食らった時のように、視覚と聴覚が制限されます。敵の察知と弱体化が同時にできるので、待ち伏せに最適です。スピード3で、50発装填の高DPSのSMGを装備可能です。防衛オペレーターのACOGが制限されつつある現在、メインウエポンのDPS・継戦能力及びスキルの有効性を考慮すると、強キャラであることは確実です。ちなみに、ハンドガンにはドットサイトが搭載されており、とてもカッコいい。

強さ(★★★):足が速く、武器も強いので言うことなしです。SMGはぶっ壊れじゃないかと思うほどの高性能(DPS、装弾数、反動)です。調整が入る前に使っておきましょう。

重要度(★★☆):最近のプロリーグで頻繁にピックされています。守りを強固にするというよりは、より積極的な防御を可能にするオペレーターです。

 

【アプデ4.2新ガジェットの使い心地】

クレイモア

f:id:catrabbitnekousagi:20160915000154p:plain

攻撃側オペレーターが使用できる設置型のトラップです。置くと3本のレーザーが照射されます。かなり目立ちますが牽制には十分な威力を発揮し、無警戒だと簡単にひっかかりそうです。ディフューザー設置時などに使うと良さそうです。

インパクトグレネード

f:id:catrabbitnekousagi:20160915000216p:plain

防衛側オペレーターが使用できる投擲武器です。衝撃を受けた時か投げてから1秒後に爆発します。まだ敵に当てたことはありませんが、くらったことはあります。威力はかなり低そうです。シールドを構えていたら、本当にわずかなダメージしか受けませんでした。壁などのブリーチング手段としては便利そうです。

マズルブレーキ

f:id:catrabbitnekousagi:20160915000245p:plain

単発射撃時の反動が軽減されます。DMRやハンドガンにはこれを付けておけば間違いはありません。ARやSMGの場合は自分の戦闘スタイルに合わせて装着しましょう。

拡張型バレル(ヘビーバレル)

f:id:catrabbitnekousagi:20160915000304p:plain

銃身が長くなるロマン装備です。距離による威力減衰が低減されるようなので、豆鉄砲たち(P90など)が少しだけ頼もしくなります。

【Operation Red Craw での大きな変更点】

銃の口径により壁破壊のエフェクトに違い
腕のダメージが胴体ダメージと同じに
ネックショットがヘッドショットと同じ扱い
マッチメイクがより実力を反映されたものに
ランクマッチの時間が3分に
SMG-11のACOGが使用不可に

「レインボーシックス シージ(PlayStation 4/Xbox One)」 パッチ19(シーズン4)情報 | UBIサポートページ

【アプデ5.2の大きな変更点】

〈タチャンカのLMGにシールド搭載〉

前面からの銃撃から頭部を守るHP500のシールドが搭載されました。

〈新マップ「バートレット大学」追加〉

シチュエーションモード最後の「第5条」の舞台となった大学がマルチプレイに登場しました。「第5条」では視界を遮っていたガスがなくなり、PvP仕様に調整が施されています。

〈フューズのガジェット増加&強化〉

クラスターチャージの所持数が2→3個に増加し、爆発の効果半径もおよそ2倍弱に広がりました。

〈バンディットのガジェット増加〉

ショックワイヤーの所持数が3→4個に増加しました。

〈スモークのガジェット投擲距離増加〉

以前はニトロセルのような軌道だったものが、フラググレネードと同じような軌道になり飛距離が伸びました。

〈ブラックビアード弱体化〉

ライフル搭載シールドのHPが150→60に減少し、通常状態及び走り状態から武器構えに要する時間が2倍以上に増加しました。

〈一部のSMGの反動軽減〉

カヴェイラ、フロスト、キャッスル、パルス及びスモークのSMGの反動が軽減されました。

〈グラズのDMRの連射性能向上〉

連射速度が110→220に倍増しました。

〈バリスティックシールドに爆発耐性付与〉

爆発を盾で防げた部位は80%ダメージを減らし、はみ出た部分は部位によってダメージが加算されます。この爆発耐性はタチャンカとブラックビアードのシールドには適用されません。しっかり検証してはいない参考値としては、モンターニュのシールド展開時にニトロセルの至近距離爆発を正面から受けた時は8ダメージで、フューズのバリスティックシールドでは51ダメージでした。盾への有効な対抗手段が無くなったため、盾率高めで突撃すると勝率が高い気がします。

〈グレネードの爆破効果の安定〉

インパクトグレネードによる壁の穴の形が安定し、距離が離れると穴が小さくなるようになりました。フラググレネードは距離が近ければ球形のダメージ半径で、距離が離れるとまばらな破壊効果をもたらすようになりました。

【Operation Health アプデ2.1の内容】

〈マッチングの改善〉

・マッチングがより速く安定したものになった

・マッチング中でも装備品を変更したりオペレーターを解除したりできるようになった

〈ヒットボックス(当たり判定)の刷新〉

・体のラインに沿った当たり判定になった(武器や装備品、服等には当たり判定が無い)

〈全般的な改善・調整〉

・グラズのDMR弱体化(ダメージ低下、反動からの回復時間増加)

・スモークグレネード装備オペの変更(アッシュ、テルミット→フューズ、ジャッカル)

・スポーンキル(リスキル)対策

山荘、領事館、運河のマップで一部スポーン地点への射線が通らなくなり、開幕即キルが不可能になった

・固定メンバーでのマッチングがしやすくなった

・各オペやマップのバグが修正された

【Operation BLOOD ORCHIDでの大きな変更点】

細かな変更点は多々ありますが、直接ゲームプレイに関係しそうなものをピックアップしました。個別のオペに関わる変更は、オペレーターの項目に書いてあります。Tom Clancy's Rainbow Six Siege | Operation Blood Orchid | Ubisoft (US)

〈JagerとBanditのACOGが廃止された〉

スピードのある防衛オペがACOGを使用すると、低いリスクでリスキルや飛び出しキルが可能になってしまうため。スピード2・3の防衛オペはACOGを装備できなくなりました。

〈弾丸の追加〉

いくつかの武器で1〜4マガジン分所持弾丸が増えました。

〈ドローン2つの同時操作〉

攻撃オペは、1つ目のドローンを破壊することなく2つ目のドローンを使えるようになりました。(いままでのTwitchと同じ感覚)

〈敵の特定〉

今までは視界に入ったら敵を特定したことになってポイントが入っていましたが、今後はドローンやカメラ等でスキャンした時にのみ敵が特定されます。

〈鉄条網〉

鉄条網の移動速度低下効果がやや低くなり(50%→45%)、打撃2発で壊れるようになりました。

 

【「死体撃ち」について】

FPSで問題になる「死体撃ち」についてです。「死体撃ち」とは、相手を倒した後も必要以上にその死体を攻撃する行為のことです。古来より死体を辱めることは最大の侮辱とされており、ゲームにおいてもマナー違反とされる行為です。

しかし、レインボーシックスシージに於いては、あえて死体撃ちを推奨します。このゲームは、与えたダメージ量により相手のライフを0にした時も即死せずにダウン状態になることがあります。ダウン状態は味方の手当てにより回復してしまうので、相手をダウンさせたら間をおかず攻撃して確実に仕留めなければなりません。ですので、相手を倒したからといって油断せずに、若干オーバーキル気味に撃つようにしましょう。

また、アプデやDLCでゾンビ機能が追加される可能性もあるので、死体が生き返らないように死体撃ちをする癖をつけておきたいところです。具体的には、「脳を破壊するためにヘッドショット」「頭部と胴体を切り離すためナイフで切る」「2度と復活できないようにニトロセルで爆破」などです。ラウンド最後のキルで死体撃ちをするとリプレイで全プレイヤーに晒されてしまいますが、問題はありません。ある程度の上級者が見れば「ああ、この人は不死者(アンデッド)との戦いに心得があるんだな」と感心されるでしょう。死体撃ちに文句を言ってくるようなプレイヤーは素人(アマチュア)です。

(※ネタです。2ch等の掲示板に晒されたりファンメが届いても、当方では一切の責任を負いかねます。) 

(おわり)